リンゴ型肥満に効果的なダイエット5選!内臓脂肪のぽっこり腹とサヨナラ

リンゴ型肥満に効果的なダイエット5選!内臓脂肪のぽっこり腹とサヨナラ

肥満体型にもタイプがあり、そのうちでおへその下が、ぽっこりとでている太鼓腹系の肥満を「リンゴ型肥満」といいます。

男性に多いと言われていますが、女性で悩んでいる人ももちろん多くいます。

「お腹のお肉をなんとかしたいけれど、どんな運動が効くのかわからない。」「どんな食事制限をしたらいいの?」といった悩みもあるのではないでしょうか。

そこでこの記事ではリンゴ型肥満に効果的なダイエット方法と、リンゴ型肥満の特徴、おすすめのサプリまでご紹介します。

※記事内の価格はすべて税込表示です。

リンゴ型肥満に効果的なダイエット5選

リンゴ型肥満に効果的なダイエット方法とは、どんなものなのでしょうか。

食事制限から運動まで、まとめました。

1.糖質制限

リンゴ型肥満の人には、糖質制限が効果的です。

リンゴ型体型の人は、糖質を筋肉として取り入れる糖質分解力が低く、筋肉として取り入れなかった糖質が、内臓脂肪として体内に蓄積されてしいます

ですので炭水化物など糖質を過分に摂取してしまうと脂肪がたまり、ポッコリお腹の原因となるのです。

糖質制限といっても、ゼロにしてしまうと身体に悪影響が出るので目安としては炭水化物量をこれまでの三分の二程度にするといいでしょう。

どうしても食べたい場合は冷やしごはんがおすすめ

ダイエット中でも、どうしても炭水化物を食べたいときは冷やしご飯にしましょう。

ごはんは一度冷やすことで、でんぷん質の一部がレジスタントスターチへと変化します。

このレジスタントスターチは小腸や大腸で吸収されにくいので、温かいご飯と同じ量を食べても冷ましたご飯の方が吸収される糖質が少なくなります

2.食事は野菜から食べる

食事は野菜から食べると、糖の吸収が緩やかになるのでリンゴ型肥満のダイエットに効果的です。

食事の際は野菜や海藻類から先に食べると、食物繊維が糖の吸収を緩やかにしてくれます。

食べる順番は以下を意識してください。

  1. 野菜・海藻類
  2. タンパク質
  3. 炭水化物

炭水化物は最後に食べることで、同じ食事内容でも太りにくくなります。

3.有酸素運動

お腹に脂肪がたまりやすいリンゴ型肥満の人には、脂肪燃焼効果のある有酸素運動が効果的です。

どのような運動がいいのか、まとめました。

ウォーキング・ジョギング

ウォーキングやジョギングが、リンゴ型肥満の人におすすめです。

ウォーキングは体へ負担が少なく、手軽に始められますよね。

一駅分歩くなど、普段の生活に取り入れるのもいいでしょう。

ウォーキングになれて来たら、ジョギングを始めてみましょう。

ウォーキングより消費カロリーが大きいので、ダイエットの実感を早く得られますよ。

ウォーキング・ジョギングいずれも一日30分を目安にやってみてください。

水泳

水泳は消費カロリーが大きく、おすすめの有酸素運動です。

全身の筋肉をバランスよく使いますし、水圧がかかるので血行促進の効果も期待できます。

また水中での運動なので、ひざや腰などの負担も少なく済みます。

泳ぎが苦手な人でも、水中で歩くと水圧が抵抗になりよい運動ができますよ。

生活の一部に有酸素運動を取り入れる

忙しくて、わざわざ運動する時間がないという人は、生活の一部に有酸素運動を取り入れましょう。

普段の生活でも、以下のことを意識してください。

  • 一駅分歩く
  • 乗り物を使わず歩く
  • 階段を使う

日常生活にすこし運動習慣をプラスするだけでも、運動量が増えて消費カロリーを稼ぐことができます。

4.お腹周りの筋トレをする

リンゴ型肥満の人は、お腹周りに脂肪がつきやすい体質なのでお腹を筋トレで鍛えましょう

おすすめの筋トレは以下です。

  1. 仰向けに寝る
  2. ひざを立てる
  3. そのまま膝を胸の方に引き上げる
  4. 足を元の位置に戻す(床足をつけない)
  5. 3・4を20回繰り返す

なれてきたら、足をクロスした状態でも20回プラスして行ってみましょう。

普通の腹筋とは違い、下腹に効果がある筋トレです。

5.セルライトケア

リンゴ型肥満の人は、お腹のセルライトケアも取り入れましょう。

脂肪や老廃物が凝り固まってしまったセルライトを放っておくと、お腹の脂肪はなかなか減ってくれません。

お腹のセルライトケアの手順は以下の通りです。

  1. 手のひらでおへそ周りを、5回円を描くようにさする
  2. 胸の下からおへそ下を上から下に5回さする
  3. 指でお腹全体のお肉を全体的につまむ
  4. 指の腹でお腹全体を約30回たたく

効果をより実感するためには、お腹を強くさするのではなく、やさしくさすって回数を増やすとよいでしょう。

意外と簡単なので、お風呂で毎日マッサージしてみてください。

▼お腹周りが気になる人はコチラもチェック!

リンゴ型肥満の特徴

リンゴ型肥満の人の特徴について以下にまとめました。

  • 日本人の約34%があてはまる
  • 消費エネルギーが普通の人と比べて1日200kcal低い
  • お腹がぽっこり出ている
  • 全体的にブヨブヨしている
  • お腹・背中など上半身に脂肪がつきやすい

お腹に脂肪がつきやすく、消費エネルギーが低いのが特徴です。

体型がりんごのようになることから、リンゴ型肥満と呼ばれています。

ちなみに女性に多い、太ももやお尻など下半身に脂肪がつきやすい洋ナシ型や筋肉がつきにくく太りやすいバナナ型といった肥満型もあります。

▼洋ナシ型肥満についてはコチラをチェック!

基礎代謝が1日-200kcal

リンゴ型肥満の人が太りやすい原因の一つは、基礎代謝量の低さです。

理由はのちほど説明しますが、リンゴ型肥満の人は普通の人と比べると基礎代謝がおよそ200Kcalほど低いのです。

代謝が悪く、糖質を筋肉に取り込みにくいために糖質が体脂肪になり、体内に蓄積されてしまいます

このマイナス分を、有酸素運動や筋トレで補う必要があるのです。

生活習慣病の発症率が高い

リンゴ型肥満の人は、内臓脂肪がたまりやすく生活習慣病の発症率が高いです。

内臓脂肪からは、サイトカインと呼ばれる生理活性物質が分泌されます。

この生理活性物質は、以下のことを引き起こします。

  • 血管を傷つけ、詰まらせる
  • 動脈硬化を促進する
  • 糖尿病・高血圧・心臓病などを誘発する

内臓脂肪型肥満は、進行してしまうと心筋梗塞や脳卒中などで倒れてしまうこともあるので早めにダイエットに取り組みましょう

皮下脂肪より内臓脂肪がつきやすい

リンゴ型肥満の人は、皮下脂肪よりも内臓脂肪がつきやすくなっています

皮下脂肪と内臓脂肪の違いは以下の通りです。

皮下脂肪 皮膚のすぐ下にある脂肪のこと。
見ただけで脂肪があることがわかりやすく、女性の方が多くつく。
内臓脂肪 お腹周りの筋肉と内臓の間につく脂肪のこと。
見た目にはわかりにくく、男性の方が蓄積しやすい。
また加齢とともに蓄積しやすくなる。

お腹だけ太っている人は、内臓脂肪がついている可能性が高いです。

内臓脂肪のチェック式はこちらです。

ウエスト(cm)÷身長(cm)
スキンアドバイザー

上記の式で、結果が0.5以上であると内臓脂肪型肥満の可能性が高いので、リンゴ型肥満向きのダイエットを試してみてください。

糖質の代謝が苦手

リンゴ型肥満の人は糖質の代謝が苦手で、筋肉に取り込めなかった分が脂肪として蓄積されてしまいます。

内臓脂肪としてお腹周りに脂肪がついてしまうのです。

糖分を多く含んでいる食品を食べると、すぐ太ってしまうのがリンゴ型肥満の人が持つ特徴の一つです。

ごはん・パン・ビールなどの糖質を好む

リンゴ型肥満の人は、ごはん・パン・ビールなどの糖質を好む傾向にあります。

本能的に糖質を求めてしまうので、以下のものを食べるときは食べ過ぎに注意しましょう。

  • ごはん
  • パン
  • パスタなどの麺類
  • 甘いお菓子

一口30回以上噛む、一口ごとに箸を置くなどゆっくり食べる工夫をすると満腹中枢が刺激されドカ食いを防ぐことができます

また前述したように、食べる順番にも気を付けてください。

血糖値が下がると落ち着かない

リンゴ型肥満の人は、血糖値が下がると落ち着かなくなるという特徴があります。

血糖値が下がるとストレスを感じやすくなってしまうためドカ食いしやすくなるのです。

毎日規則正しいリズムで食べて、体内時計を整えることでドカ食いの予防としてください。

食事内容を腹持ちのよいものに変えたり、間食をヘルシーなものにするなどしてもいいでしょう。

上記でもふれましたが、この体型の人には糖質制限は必要ですがゼロにしてしまうと体内時計の乱れやストレスによるドカ食いが起きやすくなるので、ダイエット中でも適度な炭水化物量は必要です。

リンゴ型肥満になってしまう原因

リンゴ型肥満になってしまう原因は、肥満遺伝子が関係しています

日本人の三分の一が、なんらかの遺伝子異常によって肥満遺伝子を持っている状況にあるとされています。

リンゴ型肥満のひとは、ベータ3アドレナリン受容体(β3AR)の遺伝子に異常をきたすことが原因で太りやすいそうです。

β3AR遺伝子は脂肪細胞などに存在していて、アドレナリンと結合して中性脂肪を分解・燃焼する働きがありますが、遺伝子に異常があるとこの機能を発揮できず内臓脂肪が蓄積されてしまうのです。

スキンアドバイザー

自分がリンゴ型遺伝子や肥満関連遺伝子を持っているかどうかは、遺伝子検査でわかります。
インターネットで肥満遺伝子検査キットなどが通販されているので、興味のある人は調べてみてくださいね。

リンゴ体型におすすめのサプリメント4選

リンゴ型体型の人におすすめのダイエットサポートサプリメントをご紹介します。

シボヘール

ハーブ健康本舗 シボヘール 120粒入り[機能性表示食品]

商品名 シボヘール
定期購入価格 2,808円
通常価格 3,219円
内容量 120粒
販売会社 ハーブ健康本舗
葛の花由来のイソフラボンが中性脂肪の合成を抑制する働きや脂肪分解・燃焼をサポートします。

メタバリアS

メタバリアS [240粒・袋タイプ]約30日分

商品名 メタバリアS
定期購入価格 4,441円
通常価格 4,935円
内容量 240粒
販売会社 富士フイルム

サラシア由来のサラシノールが糖の吸収を抑える機能性表示食品です。

サラシア由来サラシノールは糖の吸収を抑える機能が報告されていて、さらにお腹の中のビフィズス菌を増やして腸内環境を整える働きもあります

生漢煎防風通聖散

商品名 生漢煎防風通聖散
初回限定・定期購入価格 4,212円
通常価格 8,424円
内容量 90包
販売会社 アインズ&トルペ

18種類の生薬で代謝・利尿・便通などに作用するとされている第二類医薬品です。

こちらも適度な運動と食事内容にプラスすることで、効果が出やすくなります。

カロリミット

ファンケル カロリミット 120粒 約30回分

商品名 カロリミット
参考価格 1,563円
内容量 120粒
販売会社 ファンケル

累計2400万個突破の大人気サプリメントです。

5つの食事サポート成分が、食事の糖と脂肪の吸収を抑える機能性表示食品で、臨床試験済みでもあります。

糖や脂肪の多い食事を好む人に適しているのでリンゴ型肥満の人にも効果が期待できそうですね。

食事法や軽い運動を取り入れてリンゴ型肥満を解消しよう

リンゴ型肥満の人におすすめのダイエット方法や、リンゴ型肥満の特徴などについてでしたが、いかがでしたか。

リンゴ型肥満の人は、通常の人よりもカロリー消費が少なく、糖質代謝もしにくいのでお腹に脂肪がたまりやすいことがわかりました。

生活に軽い運動を取り入れたり、食事法を工夫することで、不足している消費カロリー分を補っていきましょう。

またリンゴ型肥満の人に向いているサプリメントでダイエットをサポートするのもおすすめです。

食事法や運動をうまく取り入れて、リンゴ型肥満を解消しましょう。

※本記事の情報は掲載当時の情報となります。
※本記事の口コミは個人の感想です。効果・効能を示すものではありません。

おすすめ保湿化粧品ランキング

商品 特徴
ランキング1位アイコン ランキング1位オルビス VoCE乾燥&化粧水ランキング1位!104万人が愛用するもちもち肌化粧品
詳細はコチラ
ランキング2位アイコン ランキング2位メディプラスゲル 簡単ケア!66種類の美容成分配合のオールインワンゲル
詳細はコチラ
ランキング3位アイコン ランキング3位米肌 自ら潤うお肌へサポート!ハリや毛穴にもオススメ
化粧品診断テストバナー
リンゴ型肥満に効果的なダイエット5選!内臓脂肪のぽっこり腹とサヨナラ

リンゴ型肥満に効果的なダイエット5選!内臓脂肪のぽっこり腹とサヨナラ

この記事が気に入ったら