【連載】負担をかけずにスルッと落ちる!おすすめのアイメイクリムーバーと使い方♡【第13回】

滲まないマスカラ、落ちないアイライナーなどメイクを仕上げる上で万能なアイテムが出てきていますが、オフするときに落ちにくいのも悩みどころ。

しっかり落としきらないと、汚れが蓄積して目のくすみやクマ・シワなどの原因になりかねません。

目元は顔のパーツの中でも、一番皮膚が薄くデリケートな箇所なのでなるべくこすらず優しくメイクオフするのがおすすめです。

なので、クレンジングオイルやミルクでいっぺんに落とすよりも、目元は目元でアイメイクリムーバーを使って部分的にオフしたほうが目に優しくダメージも蓄積しにくいです。

アイメイクリムーバーのメリット

正直、アイメイクだけポイントでオフするのはめんどくさいです。

ですが、一度アイメイクリムーバーで落とすようになってからポイントとベースを一緒に落としていたときよりもしっかり落ちるし、目元も乾燥しにくくなったので、今ではすっかりアイメイクリムーバーの虜になりました。

しかも全体で落とす時よりも力を入れず摩擦をなるべく起こさず落とせるので目の負担も減ったと思います。

あと、ポイントで落とすことでアイシャドウのラメやマスカラの繊維が頬などにつかなくなったのでその点もアイメイクリムーバーのメリットだと思います。

おすすめアイメイクリムーバー

そんなに数は試してないですが、私がどハマりして今もリピートし続けているアイメイクリムーバーをひとつご紹介します。

リサージ ポイントメイクリムーバー


リサージ リサージ アイメイクアップリムーバー 100ml・1,296円(税込)

ウォータープルーフのアイメイクも素早く落としてくれるリムーバーです。

コットンに含ませて20〜30秒ぐらい目元に当ててなじませるだけでCMばりにメイクオフできます。

マスカラだけではなく、アイライナーや大粒のラメアイシャドウもしっかりオフできるので優秀です!

トリートメント成分であるオリーブオイルとシソエキスが入っている2層タイプなので、よく振って混ぜて使います。

私は、目元の皮膚がデリケートなせいか、ヒリヒリして合わないリムーバーもあったのですが、これはまったくピリピリしないしオフ後しっとりするので気に入っています。

しかし、フィルムタイプのマスカラとは相性が悪く思うように落ちません。

そこだけがデメリットかな。

アイメイクリムーバーの使い方

使い方はとっても簡単です。


↑落とす前のアイメイク。この日はかなり濃いめのアイメイクです。

①アイメイクリムーバーをよーく振ります。

②コットンに500円玉ぐらい含ませます。


③リムーバーを含ませたコットンを目元に約20〜30秒間ぐらい当てます。この時必ず目は閉じてください。


④約20〜30秒後コットンを見るとマスカラやアイシャドウがオフできていると思います。


↑一回で擦らなくてもこんなにとれる!

⑤まだマスカラやアイライナーが残っていたら、コットンを折りたたんで角の方で取り除いたり、綿棒にリムーバーを含ませてまつげの根元から毛先に向かってマスカラを落としていきます。

⑥だいたい落とせたら、ベースメイクをクレンジング剤でオフします。この時軽く目元も汚れを浮かせてあげるとしっかりメイクが落とせます。

負担をかけずに落とせば綺麗な目元キープ!

少し手間ではありますが、丁寧にアイメイクを落とすことで、摩擦によるダメージが蓄積されず目元のくすみや小じわ予防に繋がります。

目元が美しい状態であればメイクも楽しいと思いますし、顔の印象を老けさせないと思うのでぜひ、アイメイクリムーバーを使ったメイクオフ方法を取り入れてみてください。

◆関連記事

とりんさんの連載一覧

※本記事の情報は掲載当時の情報となります。
※本記事はライターの感想を元にしており、効果・効能を示すものではありません。

おすすめ保湿化粧品ランキング

商品 特徴
VoCE乾燥&化粧水ランキング1位!104万人が愛用するもちもち肌化粧品
詳細はコチラ
簡単ケア!66種類の美容成分配合のオールインワンゲル
詳細はコチラ
自ら潤うお肌へサポート!ハリや毛穴にもオススメ
詳細はコチラ

【連載】負担をかけずにスルッと落ちる!おすすめのアイメイクリムーバーと使い方♡【第13回】

この記事が気に入ったら