おすすめのリップトリートメント6選|プチプラからデパコスまで人気ランキング

あなたは毎日のスキンケアと一緒に、リップケアもしていますか?
かわいいメイクをしても、ガサガサの唇ではせっかくのリップメイクが台無しです。

リップクリームでケアをする人が多いと思いますが、乾燥の強い季節にはケアしきれないのが悩みどころでしょう。
そこで今回は、集中的に唇ケアができるリップトリートメントを紹介します。

おすすめの人気アイテムをプチプラとデパコスに分けてランキング形式でお伝えするとともに、リップトリートメントの使いかたや注意点も取りあげているので、ぜひ参考にしてください!

それではさっそく、おすすめ人気ランキングからみていきましょう。

プチプラリップトリートメントおすすめ人気ランキング

プチプラアイテムのメリットは、いろいろな商品を気軽に試せることです。
プチプラだからとあなどれない、保湿力の高いリップトリートメントがたくさんあるのです。

ここではさまざまな商品の中から、人気美容液TOP3を紹介していきます。
好みのタイプや色のリップトリートメントを探してみてください!

1位 フローフシ LIP38℃ リップトリートメント

フローフシ LIP38℃ 11 リップトリートメント +3℃

価格 1,728円
内容量 6.5ml
メーカー フローフシ
特徴
  • 38度の血色感
  • 一本に300億個の乳酸菌「ラ・フローラ」
  • ミネラルオイル配合
  • SPF20 PA++

フローフシのLIP38℃リップトリートメントは、2017年発売の、口紅を使わずに38度の血色感を実現できるリップトリートメントです。

唇フローラに着目した乳酸菌「ラ・フローラ」配合で、みずから潤う唇に導きます。
また、一本でリップバームとリップグロスのふた役をこなしており、コスパの高いアイテムといえるでしょう。

コーラルオレンジ・コーラルピンク・ベビーピンク・クリスタル・アイスグリーンの5色展開なので、きっとあなたの唇の色温度に合うカラーが見つかるのではないでしょうか。

UVカット効果入りで、紫外線対策もできるおすすめのリップトリートメントです。

2位 エテュセ リップエッセンスa

エテュセ リップエッセンスa 10g

価格 1,296円
内容量 10g
メーカー エテュセ
特徴
  • ベストコスメ受賞
  • ハイパーグロスオイル配合
  • SPF18 PA++

エテュセ リップエッセンスは、数々の化粧品のなかから選ばれて、ベストコスメ大賞を受賞したリップグロス美容液の定番商品です。

このリップトリートメントは、唇の荒れや乾燥を防いで、赤ちゃんのようなぷるっとしたピンクのリップに仕上げます。
ハイパーグロスオイルが紫外線からデリケートな唇を守るので、日中の使用にも安心です。

エテュセは、ほんのりとしたピンクの色味で、ナチュラルメイク派さんにぴったりのおすすめアイテムです。

3位 マキアージュ ドラマティックリップトリートメント

マキアージュ ドラマティックリップトリートメント 4g

価格 2,160円
内容量 4g
メーカー マキアージュ
特徴
  • 美容オイル生まれのリップトリートメント
  • ノーカラータイプでナイトケアに最適
  • やわらかいテクスチャー

ドラマティックリップトリートメントは、美容オイル生まれで、透明感の高いツヤを演出します。

濃密な美容オイルで潤いを長時間ラッピングしてくれるのがポイントです。

こちらの商品は、とてもやわらかいテクスチャーなので、直塗りしても唇に刺激を与えにくくなっています
くるくるとマッサージしながらなじませることで、唇に血色感を出してくれます。

やわらかく折れやすいリップトリートメントなので、スティックの出しすぎには注意が必要でしょう。

デパコスリップトリートメントおすすめ人気ランキング

デパコスリップトリートメントは、お値段が少々高くなりますが、効果も感じやすい商品が多くなっています。

全般に豊富な美容液成分が配合されていて、贅沢にケアしたい人におすすめです。
こちらも人気商品TOP3をみていきましょう。

1位 クリスチャン ディオール アディクトリップマキシマイザー

クリスチャン ディオール アディクト リップ マキシマイザー 001 6ml [並行輸入品]

価格 3,926円
内容量 6ml
メーカー クリスチャン ディオール
特徴
  • 唇のボリューム感アップ
  • 唇にしっかりフィット
  • ヒアルロン酸・コラーゲン配合

不動の人気を誇るのが、ディオールのアディクトリップマキシマイザーです。

こちらの商品は、唇のボリューム感をアップさせることで、縦ジワを目立ちにくくします。
粘度の高いテクスチャーが唇にしっかりフィットし、長時間潤いが続くのがポイントです。

アディクトリップマキシマイザーは、ヒアルロン酸と海洋性由来のコラーゲンを含むので、おやすみ前のリップケアにも最適なリップトリートメントでしょう。

2位 ジルスチュアート リラックスメルティリップバーム

ジルスチュアート JS リラックスメルティリップバーム 01 [並行輸入品]

価格 1,710円
内容量 7g
メーカー ジルスチュアート
特徴
  • 3種類のハチミツ配合
  • ローズヒップオイル・シアバター配合
  • やわらかいバームタイプ

ジルスチュアートのリラックスメルティリップバームは、豊富な保湿成分で唇をケアするリップバームです。

ローズハチミツ・ラベンダーハチミツ・オレンジハチミツの3つのハチミツが、唇に潤いを与えます。
ほんのり色づくリップは、ナチュラルメイクにもおすすめです。

キラキラしたデザインが、かわいらしい女性のイメージにぴったりではないでしょうか。

3位 ポール&ジョー リップトリートメントバームL

◆ポール & ジョー/PAUL & JOE リップ トリートメント バーム L #004 (限定) [ リップケア ] [並行輸入品]

価格 3,180円
内容量 12g
メーカー ポール&ジョー
特徴
  • オリーブオイル配合
  • エモリエント効果
  • 唇にぴったりフィット

ポール&ジョーのリップトリートメントバームLは、限定発売のアイテムです。

こちらのリップバームは、エモリエント効果の高いオリーブオイル配合で、唇を優しくケアします。
ぷっくりとしたボリュームのある唇を再現したい人におすすめのリップトリートメントです。

パリで親しまれている、スパイスの効いたホットワインの香りに包まれますよ。

リップトリートメントとリップクリームに違いはあるの?

リップトリートメントとリップクリームの間には、はっきりとした線引きはありません。
両者とも唇を乾燥から守るという点では同じで、しいていえば配合されている美容成分にすこし違いがあります。

リップクリームのおもな機能は、唇を乾燥から保護することです。
なめらかな塗りやすいテクスチャーで、保湿クリームのような役割をしています。

いっぽうリップトリートメントは、保湿成分に加えて、美容成分が配合さているのが特徴で、別名「唇美容液」と呼ばれています。
化粧水・美容液がセットになった唇用アイテムと考えてください。
高い保湿力で唇を乾燥から守り、美容成分できれいな唇を目指すためのアイテムといえるでしょう。

リップトリートメントは集中的なリップケアができるので、頑固なカサつきや乾燥のケアにおすすめです。
ヒアルロン酸やコラーゲンなどの美容成分が、唇に潤いとハリを与えてくれます。

すっぴん唇に使うことはもちろん、リップメイクの上から重ね付けもOKなので、メイクの幅を広げることもできるでしょう。

昼と夜で使い分けて!おすすめリップトリートメントのタイプはコレ!

唇に潤いを与えながら美しくしてくれるリップトリートメントには、さまざまな種類があります。
シーンによって使い分ければ、リップトリートメントの効果を引き出すことができるでしょう。

ここでは、目的別におすすめのリップトリートメントのタイプを紹介します。
まずは昼におすすめのタイプからみていきましょう。

好みの色や香りで心地良くリップケア

リップトリートメントは、心地よく使い続けられる、好きな色や香りを選びましょう。

リップケア商品は使ってすぐに効果が出るものではなく、継続的なケアが必要です。
しかしリップトリートメントは鼻の近くに塗るアイテム。
苦手な香りでは気になってしまい、継続的な使用は難しいかもしれません。

このためにも、好きな香りをチョイスすることが大事です。
無香料のリップトリートメントという選択肢もありますが、原料臭がすることもあるので、口コミのチェックをしておくと安心でしょう。

またリップトリートメントには、色付きのアイテムも多く存在しています。
あなたの雰囲気や、唇色に合わせた色を選んでみてください。

色素沈着が不安なら無色のリップトリートメントがおすすめ

リップトリートメントでの色素沈着が心配なら、無色の商品がおすすめです。

唇が色素沈着すると、メイク後の印象がどこかぼやけた感じになってしまいます。
色素沈着を防ぐには、無色のリップトリートメントか、ベージュや淡いピンクなどの薄い色づきのものがおすすめです。

濃い赤のリップトリートメントを使用する場合は、その日のうちにしっかりクレンジングで落としてください。
正しいクレンジングができていれば、色素沈着する心配はほとんどないといえるでしょう。

縦ジワ補正効果のあるリップトリートメントで唇を美しくみせる

唇の縦ジワをカバーしたいときには、唇をぷっくりとみせるタイプのリップトリートメントがおすすめです。

唇の縦ジワが目立つと、印象が悪くみえてしまい、せっかくのリップメイクも台無しになってしまいます。
そんなときには、唇の縦ジワを埋めるようなイメージで、縦向きにリップトリートメントを塗り、ぷっくりとハリのある唇を演出しましょう。

濡れ感のあるリップトリートメントも、縦ジワを目立たせなくするのでおすすめです。

紫外線対策にはUVカット効果のあるリップトリートメントがおすすめ

日中の使用には、日焼け止め効果のあるUVカット入りのリップトリートメントがおすすめです。

唇は粘膜なので、肌のように通常の日焼け止めを塗ることはできません。
しかしUVカット効果のあるリップトリートメントを使うことで、しっかり紫外線対策ができます。

スキンアドバイザー

日焼けは乾燥の原因になるので、しっかりと対策する必要があります。
夏場や野外のように紫外線の多いところでは、UVカット効果のあるリップトリートメントが活躍するでしょう。

就寝前にはナイトケア用のリップトリートメントを使おう

就寝前のリップケアには、ナイトケア用のリップトリートメントがおすすめです。

ナイトケア用のリップトリートメントは、保湿成分の持続時間が長いので、朝まで潤いが続くのです。

ナイトケア用のリップトリートメントを塗るタイミングは、寝る直前をおすすめします。
リップトリートメントは飲食をすると落ちてしまう可能性があります。
美容液成分をしっかりなじませるためにも、ベッドに入る直前がおすすめです。

また、就寝前のケアには、色の付かないクリアタイプの商品を選んでください。
色付きのリップトリートメントでは、枕や布団にカラーが移ってしまうかもしれません。

日中のアイテムと使い分けて、寝ている間にうるうるリップを手に入れましょう!

リップトリートメントの使い方3選

リップトリートメントは唇を乾燥から守るだけでなく、さまざまな使いかたができます。
いつものリップメイクにプラスしたり、ひと手間加えたりすることで、スペシャルケアにも使えるのです。

ここでは、以下の3つの使いかたを紹介します。

  • リップメイクの下地として
  • 仕上げのグロスに
  • スペシャルパックでエイジングケア

あなたの目的に合わせて、参考にしてみてください。

リップメイク前の下地として使う

いつものリップメイクをする前に、リップトリートメントを使うことで、唇をキレイにみせることができます。

肌と同じように、唇にもベースメイクは必要です。
リップトリートメントをリップメイク前の下地として使っていきましょう。

メイク下地としてリップトリートメントを使う方法は、つぎのとおりです。

  1. 唇全体にリップトリートメントを塗る(チューブタイプはパール1粒大を使用)
  2. 軽くティッシュでオフする
  3. いつも通りのリップメイクをする

リップメイクの下地としてリップトリートメントを使う場合は、クリアカラーやベージュなどの目立たない色の商品がおすすめです。
リップトリートメントを下地として使えば、保湿力もアップすることができます。

リップメイクの仕上げにグロスとして使う

リップメイクの仕上げにリップコンシーラーを塗ることで、グロスを塗ったときのように、つややかな唇を演出することができます。

メイクの仕上げにリップトリートメントを利用するさいには、つぎの手順で使いましょう。

  1. リップメイク後の唇を軽くティッシュオフする
  2. リップトリートメントを、指やリップブラシを使ってのせる
  3. リップグロスと同じように、唇の中央にのせる

リップトリートメントを直塗りすると、リップメイクがよれたり、厚塗りになってしまったりするので、指やリップブラシを使うのがポイントです。

濡れ感のあるリップトリートメントを使えば、ぷっくりとした色っぽい唇が演出できます。

▼リップコンシーラーについてはコチラ!

就寝前のマッサージでエイジングケアをする

乾燥や唇の縦ジワが気になるときは、リップトリートメントを使ったラップパックで美容オイルを唇にしっかりなじませ、集中ケアを行いましょう。

リップトリートメントでエイジングケアする方法は、つぎのとおりです。

  1. クレンジングでリップメイクをしっかり落とす
  2. お湯に浸したタオルやコットンを固く絞り、唇を温める
  3. パール1粒大のリップトリートメントを指にのせ、円を描くようにくるくると唇をマッサージする
  4. 唇に合うサイズにカットしたラップを口もとにのせ、5分ほど置く

唇のリップメイクが落としきれていないと、唇用美容液がうまくなじみません。
スペシャルケアをするときは、クレンジングでしっかりメイクを落としてください。

ラップパックをするタイミングは、お風呂上がりや就寝前がおすすめです。

また力を入れてマッサージをすると、唇に刺激を与えてしまいます。
あまり力の入らない薬指や小指を使って、マッサージをしてください。

エイジングケアマッサージは、週に1度の頻度で行うのがよいでしょう。

リップトリートメントを使うときに注意したい4つのこと

唇の潤いやツヤを補修してくれるリップトリートメントですが、間違った使いかたでは唇にダメージを与える可能性があります。

しっかり塗ろうと強くこすったり、潤いを与えたいがために塗りすぎると、逆効果になってしまうのです。

ここでは、以下4つの注意点について説明します。

  • リップトリートメントを温めてから使う
  • 強くこすったり塗りすぎは禁物
  • 肌に合わない場合は使用をやめる
  • リップトリートメントはクレンジングでしっかり落とす

正しい使いかたを理解して、効果的にリップケアを行いましょう。

リップトリートメントは温めてから使う

リップトリートメントは、自分の体温で温めてから使ってください。

スティックタイプのリップトリートメントは、テクスチャーが固いものが多く、そのまま唇に塗りつけると、唇に刺激を与えてしまいます。
指先をスティック部分に押し当てて、体温でテクスチャーを柔らかくしてから使いましょう。

チューブタイプのものは唇にそのままのせても体温で溶けやすく、すっと唇に伸ばしやすいです。
バームタイプのものも、指先で軽く温めてから唇になじませてください。

強くこすったり塗りすぎたりしない

乾燥唇を気にして、リップトリートメントを塗りすぎるのは逆効果です。

頻繁に塗っていると、摩擦で唇にダメージを与えてしまう可能性があります。
また、力を入れて強くこするように塗ると、赤みや腫れを引き起こしてしまうかもしれません。

リップトリートメントを塗る回数は、1日5回までにとどめておくのがベストです。
洗顔後や飲食後、お風呂上がりなどの乾燥しやすいタイミングにケアしていきましょう。

肌に合わない場合は使用を中断する

リップトリートメントを使用していて、肌に合わないと感じた場合には、すぐに使用を中断してください。

ヒリヒリとした痛みや唇の突っ張りなどの違和感は、唇がダメージを受けている証拠です。
荒れた状態の唇には、保湿成分や美容成分ですら、刺激になることがあります。

スキンアドバイザー

痛みや刺激を感じたら、すぐにリップトリートメントをクレンジングで落としましょう。
唇を保護するために、ワセリンなどの刺激がおこりにくい保湿剤に切り替えて様子をみてください。

リップトリートメントはクレンジングでしっかり落とす

リップトリートメントを使用したら、1日の最後にはクレンジングでしっかりとオフしましょう。

美容オイル配合のリップトリートメントですが、使ったままにしておくと、唇の荒れにつながることがあります。

オイル美容液配合のものや色付き美容液は、とくに注意が必要です。
酸化したオイル成分が残ってしまうと、唇にダメージを与えてしまいます。
また、色付きのアイテムはしっかりリセットしないと、色素沈着の原因になりかねません。

日中のリップメイクにリップトリートメントを使った場合は、しっかりと落としてから唇のケアをしていきましょう。

リップトリートメントでつややかな唇を手に入れよう!

リップトリートメントついて紹介しましたが、いかがでしたか?

リップトリートメントは、乾燥や荒れが気になる季節の強い味方です。
保湿成分や美容成分がたっぷり入っているので、健康的でキレイな唇を手に入れることができるでしょう。

リップトリートメントは、メイクを楽しみながら唇のケアができる優れたアイテムです。
普段のケアにリップトリートメントを取り入れて、ツヤツヤ唇でメイクを楽しみましょう!

▼花嫁リップで話題!オペラリップティントについてはこちら!

※本記事の情報は掲載当時の情報となります。
※本記事の口コミは個人の感想です。効果・効能を示すものではありません。

おすすめ保湿化粧品ランキング

商品 特徴
VoCE乾燥&化粧水ランキング1位!104万人が愛用するもちもち肌化粧品
詳細はコチラ
簡単ケア!66種類の美容成分配合のオールインワンゲル
詳細はコチラ
自ら潤うお肌へサポート!ハリや毛穴にもオススメ
詳細はコチラ

おすすめのリップトリートメント6選|プチプラからデパコスまで人気ランキング

この記事が気に入ったら