老けて見える原因は?若く見られるコツ5選

老けて見える原因は?若く見られるコツ5選

女性なら誰しもが、少しでも若く見られたいという願望があるのではないでしょうか。

普段生活しているとどうしても年相応に見えてしまうことが多く、悩んでいる方もいるかもしれません。

老けて見えてしまうのは、年齢だけでなくさまざまな原因があります。

そこでこの記事では、老け顔に見える原因と、若く見られるコツをご紹介します!

ついやりがち?老けて見える原因にはこんなものがあった!

実年齢より老けて見られてしまう方のなかには、どうして自分が老けて見えるのかわからない方もいることでしょう。

普段、生活をしていると、気を使っているようでどこかで老けて見える原因になるものを作り出してしまうこともあります。

そこでここでは、老けて見える原因をお伝えします。

ぜひ、自分の生活に当てはめて見なおしてみてください。

乾燥小じわやシミなどのスキンケア不足

老けて見えるか若く見えるかは、肌がきれいに見えるかどうかに大きく影響されるため、スキンケアの不足は老け見えに直結しやすいものです。

老け顔女性の特徴として、乾燥小じわやシミなどが目立つ肌があげられます。

若く見られる人の多くは、肌にハリがあってきれいなツヤ感がありますよね。

何年もスキンケアを続けていると、どうしても手を抜きがちになってしまいますが、それが老け顔になってしまう原因。

スキンアドバイザー

スキンケア不足の肌は、潤いを失い、乾燥小じわやシミを作り出してしまうので老けた印象を持たれやすくなってしまいます。

化粧が濃いか、反対にノーメイク

老けて見えてしまうのは、化粧の濃さや薄さも原因となっています。

20代のときと変わらないような濃い化粧を続けていたり、反対にいつもノーメイクになっている方はいませんか?

老けて見られるのは、その時代や年齢にあったメイク方法をしていなかったり、シワやシミのある肌をさらけ出していることが原因にあげられます。

ヘアスタイルやファッションが古く重い

老けて見える原因として、多いのがヘアスタイルやファッションが古く重い印象になってしまっていることもあげられます。

ヘアスタイルやファッションは時代によって変化していますが、まだ着られるからと昔の服を着ていると時代に取り残されているような印象に。

過剰な重ね着なども全体が重たく見えてしまうので、老けた印象を持たれやすくなります。

髪の毛にツヤやボリュームがない

髪の毛の質感が悪くても、老け見えの原因を作り出しています。

老けて見えるか若く見えるかは、その人の見た目に左右されることがほとんどです。

髪の毛にツヤやボリュームがないと、疲れ顔に見えてしまい、老けた印象を作り出してしまいます。

面長や骨ばった顔立ち

老けて見えるのには、面長や骨ばった顔立ちが原因になっていることもあります。

20代の方を見てみると、丸顔でふっくらとした顔立ちの方が多いと感じることはないでしょうか?

昔の食事は硬いものやアゴを使うものが多かったので、顔の表情筋や骨格が発達して、面長や骨ばった顔立ちになってしまっている方が多い傾向にあります。

太り過ぎ、または痩せすぎ

ヘアメイク同様、太り過ぎや痩せすぎも、老け見えにつながります。

体のなかで、とくに年齢を感じてしまいやすいのが体型。

年齢を重ねると、どうしても20代のときにはつかなかった部分に肉が付きやすくなります。
いわゆるオバサン体型となり、年齢を感じさせることになるのです。

シワの目立つ痩せすぎの体型になってしまう方も不健康に見えるだけでなく、年老いた印象を与えてしまうこともあるので要注意です。

姿勢が悪い

老けて見える原因には、姿勢が関係している可能性もあります。

腰が曲がっていたり、猫背になっている方は疲れた印象に見えるので、どうしても老けて見えがち。

姿勢が悪いと、顔も暗く沈んだように見えてしまうので気をつけましょう。

暗く険しい表情

つい物思いにふけってしまって、ふと鏡をみると暗く険しい表情になってしまっていないでしょうか?

歳を重ねると表情筋が弱くなり、常に意識していないと暗く険しい表情になってしまうことが多くあります。

暗く険しい表情をしているとシワも深くなってしまうので、老けた印象を持たれやすくなってしまうのです。

言動が年寄り臭い

老けた印象を作る原因には、見た目以外に言動も大きく関係します。

「最近の子は〜」と言ったり、「昔は〜だった」と発言をしたり、立ち上がる際に「よっこいしょ」とまるでお年寄りのような言動をしていると、実年齢よりも老けて見られてしまいます。

実年齢を意識しすぎて行動にブレーキをかける

実年齢を気にしてやりたいことにチャレンジできていない方は多いはず。

年齢を理由にして行動にブレーキをかけてばかりいると、どんどん腰が重くなり、老けた印象を作り出してしまいます。

ココをおさえれば即マイナス5歳!若く見られるコツを伝授

老けて見える原因がわかったところで、実際にどのようなことをすれば若く見えるのかを知りたいですよね。

若く見られるということは、単に若作りをすればいいということではありません

若作りをしてしまうと、逆に老けて見えてしまうこともあるので要注意。

そこでここでは、若く見られるコツをヘアメイク&ファッションや、生活編などに分けてご紹介します。

【ヘアメイク&ファッション編】若く見られるコツ5選

若く見られるかどうかは、その人の見た目に左右されることがほとんど。

簡単に見た目を変えられる改善方法として、ヘアメイクやファッションを変えることがあげられます。

ヘアメイクやファッションを変えることで、すぐに見た目年齢を変えることができるのです。

すぐに若く見られるようになりたい!という方は、ぜひこちらを参考にしてみてくださいね。

徹底した保湿対策を心がける

若く見られたければ、徹底した保湿対策をして、肌にハリやツヤを与えるのがよいでしょう。

老けて見える原因に、シワやシミが目立つ、スキンケア不足の乾燥肌があげられます。

肌はどうしても年齢を表してしまいやすいので、とくに気をつかうことが大切です。

年齢を重ねると、肌は乾燥しがちで肌悩みの多い状態になりやすいので、化粧水やクリーム、パックなどでたっぷり保湿をしましょう。

どんなスキンケアをしても肌が乾燥してしまう…という肌悩みを持っている方は、化粧水などの浸透をよくしてくれるスチーマーや美顔器などを取り入れるのがオススメです。

肌だけではなく、首や手もシワが出やすく年齢を感じさせやすい部位なので、しっかりと保湿することを心がけましょう。

メイクはナチュラル志向で!

メイクはナチュラルなものを意識しましょう。

じつはシミやシワをカバーしすぎて、ベースメイクが厚塗りになってしまっているメイクは、老けた印象に見えてしまうことがほとんど。

少しでも若く見られるようにするには、ツヤ感のあるナチュラルメイクを心がけることが大切です。

20代の子たちと同じように涙袋を強調するようなメイクは逆に若作りしていると思われ、老けて見えることもあるので注意しましょう。

老け顔に見えるNGメイクはここを改善しよう!

メイクをするとどうしても老けた印象になってしまう人は、まず眉メイクを見直してみましょう。

眉メイクは時代によって変化しているほか、顔の印象を決める重要なパーツでもあります。

トレンドの眉の形取り入れることによって、簡単に若く見える印象を作ることができるのでオススメです。

老け顔改善には血色感が必須!

老けた印象に見せないメイクのポイントとして、血色感も大事なポイントです。

年齢を重ねると血色感がなくなりやすいので、ナチュラルメイクであってもチークを入れて自然な血色を演出しましょう。

自然な血色感のある肌は、透明感を出せるので、美肌にも見せることが可能です。

ヘアメイクで顔の欠点をカバーする

顔のアラをヘアメイクでカバーすれば、若く見せることにつながります。

年齢を重ねると顔のたるみが気になったり、骨ばっていたり面長な顔立ちが目立ちやすい傾向にあります。

そこで試して欲しいのが、ヘアメイクで顔の欠点をカバーすること。

顔のたるみや骨格などは、すぐに変えることは難しいものです。
しかしヘアメイクを変えれば、今日からでも顔の欠点をカバーすることができるのです。

顔のフェイスラインや骨格が気になる方は、髪を伸ばして隠してしまうよりも、ショートヘアで軽さを出しつつ、自然に輪郭を隠してしまうのがオススメ。

前髪なしの髪型だと輪郭や骨格が目立ってしまうので、前髪を作るのも老け顔改善につながります。

髪の毛にツヤとハリを出しつつ、軽さを出す

髪にツヤやハリがあるかどうかで、若く見えるか老けて見えるかが左右されることもあるほど、ヘアメイクは重要なポイントです。

髪の毛にツヤやハリが生まれると、イキイキとした印象になるので、若く見られるようになります。

ヘアトリートメントや美容院でのヘアケアを欠かさないようにして、ツヤやハリをキープするようにしましょう。

軽さのない髪の毛も全体が重たく暗い印象になってしまうので、ある程度量を調節してもらったり、明るめの髪色にするのがオススメです。

軽やかでふんわりとした印象の髪の毛になると、より若い印象を与えることができます。

悩んだら美容院やサロンで相談を!

自分に似合う髪型がわからないという方は、悩むよりもまず、美容院やサロンで相談してみることが解決への第一歩。

美容師さんはその人にあった髪型を提案してくれるプロなので、カバーしたい部分や悩みを相談すれば、自分にぴったりの髪型にしてくれます。

ファッションはほどよいトレンド感を意識する

若く見られるコツには、ファッションにほどよいトレンド感を意識することもあげられます。

楽な格好や、動きやすい服装になりすぎると老けてみられるようになってしまうことも。

ほどよくトレンド感のあるファッションを取り入れることで、若く明るい印象に見せることができるのです。

トレンド感を取り入れすぎてしまうと、逆に若作りをしているように見え、老けた印象になることもあるので注意しましょう。

友人や家族に自分のファッションを客観的に判断してもらうのも有効

自分のファッションは大丈夫と思っている方でも、他人から見ると老けた印象を持たれてしまっていることもあります。

友人や家族に自分のファッションを客観的に判断してもらうことにより、自分の印象を知ることができるので老け見えを改善することができます。

さらに女性だけでなく男性からの意見も大事です。

女性と男性では、感じかたや捉えかたが異なるので、できるだけ異性にも判断してもらうのが効果的です。

【ちょっとおさらい】スキンケアで若く見られるようになる方法

若く見られるコツとして、徹底的な保湿対策をあげました。

保湿対策をしっかりと行うことで、たるみや乾燥によるシワもケアでき、老け顔対策にもつながります。

しかしなかには、スキンケアを頑張っているのに老けてみられてしまうという方もいるのではないでしょうか。

そこでここでは、若く見られるようになる効果的なスキンケアの方法をご紹介します!

1.夜のスキンケアは入浴後すぐ行う

スキンケアを行うときは、そのタイミングも重要で、入浴後はすぐお手入れするのがポイントです。

入浴後は肌が乾燥しやすい状態になってしまうので、必ず5分以内にはスキンケアを完了させるようにしましょう。

5分以内のスキンケアがどうしてもできない方は、肌内部の水分の蒸発を防ぐために、入浴後の濡れた肌にホホバオイルなどのオイルを塗るのがオススメです。

2.ヒアルロン酸やセラミドなどが配合されたスキンケアアイテムを使う

老け顔対策に効果のあるスキンケアとして、ヒアルロン酸やセラミドの成分の配合された化粧水や美容液を使うのもオススメです。

ヒアルロン酸やセラミドなどは、もともと人間の体のなかにある成分で、細胞のクッションのような役割を持っています。

そのため肌のハリやツヤを作り出す重要な成分になっています。

スキンアドバイザー

乾燥小じわやたるみなどが気になる方は、ヒアルロン酸やセラミドが配合された化粧水を、積極的にスキンケアに取り入れるようにしましょう。

3.部分悩みのケアにはスペシャルアイテムを使う

老けた印象を改善するには、目元の小じわやシミといった見た目を左右する部分悩みのケアをすることが大切です。

年齢を重ねるとどうしても、普段のスキンケアでは小じわやシミがケアしきれなくなってきます。

そこで普段の化粧水などのスキンケアにプラスして、パーツケアをすることができる、スペシャルケアアイテムを使うのがオススメです。

パーツケアをできるスペシャルケアアイテムには、普段のスキンケアにはあまり配合されていないような特殊な成分が入っていることも多いの積極的に使いましょう。

▼エイジングケアにオススメの化粧水はコチラ!

4.ニキビ跡などのシミは肌のターンオーバーを高めよう

肌のターンオーバーも、若く見せるためには気をつけたいポイントです。

老け顔に見えてしまう原因として、若いときにできてしまったニキビ跡がシミに見えてしまうこともあげられます。

シミはなかなか自力でケアすることは難しいですが、ニキビ跡は普段のスキンケアでもじょじょにカバーしていくことができます。

ニキビ跡は、肌にダメージが起こってしまった傷跡のようなものです。

このようなケースでは、肌のターンオーバーを意識するのがよいでしょう。
肌リズムが整えば、ニキビができてしまった部分がだんだんと生まれ変わり、きれいな肌に近づけることができます。

5.乾燥対策は洗顔を見直そう!

いくらスキンケアを頑張っても肌が乾燥してしまうという方に見直してほしいのが、洗顔です。

じつは洗顔は、スキンケアのなかでもとくに重要といえます。

肌に必要な皮脂を洗顔で落としすぎてしまうと、そのあとにスキンケアを頑張ってもあまり効果がありません

乾燥などの肌悩みからなかなか解放されないという方には、いちど洗顔を見直してみることをオススメします。

【生活編】若く見られるコツ5選

若く見られるようになるには、ヘアメイクやファッションのほかにも、生活習慣の見直しをすることも大切。

今まで染み付いてしまっている生活習慣を正すことで、イキイキとした若い印象の見た目をつくることができます。

そこでここでは、生活のなかで若く見られるコツをご紹介します。

適度な運動習慣をもつ

年齢を重ねると、どうしても少なくなってしまいがちですが、やはり運動は若々しさを保つためには大切です。

習慣的に運動を取り入れていないと、筋肉が緩んだりぜい肉がついてしまい、老けた印象に見えてしまいます。

筋トレなどの適度な運動を取り入れることで、成長ホルモンがでるので美肌にも効果があります。

若く見られたい方は、毎日ではなくても少しずつムリのない程度に、生活に運動を取り入れるようにしましょう。

ムリなダイエットは控える

老けて見えてしまう原因はたるんだ体にあると思って、過剰なダイエットをしてしまう方もいるかもしれませんが、これは逆効果です。

食事を抜いたりハードな運動をしたりといったムリなダイエットをしてしまうと、栄養不足になり、肌にハリがなくってしまいシワが目立つので老けて見えてしまいます。

ムリなダイエットは控え、痩せたい方は健康的なダイエットを心がけるようにしましょう。

バランスのとれた食生活と適度な睡眠を確保する

バランスの取れた食生活や、適度な睡眠をとることは、若々しさを保つのに必要不可欠。
若い見た目をつくるためには、体の内側からきれいにすることが大切なのです。

バランスのとれた食生活や適度な睡眠をとることで、体に栄養が行き渡り、肌や髪の毛にツヤやハリを与えることができます。

また睡眠は成長ホルモンによって、美肌にしてくれる効果もあります。

老けて見られてしまう方は、まずは生活習慣の改善を心がけるようにしましょう。

年間通して紫外線対策をする

紫外線対策は、年間を通して重要です。

紫外線と聞くと、夏場だけ注意しておけばよいと思っている人もいるでしょう。

しかし紫外線は毎日浴びるものなので、たとえ冬場であってもきちんとした紫外線対策をしなければなりません。

紫外線対策をしていないと、肌にダメージを与えてしまい、肌老化のスピードを早めてしまいます

この肌老化が進んでしまうと、肌のターンオーバーが乱れ、小じわやシミをつくり出すことで老けた印象になってしまうのです。

肌のターンオーバーとは、肌が生まれ変わる重要なサイクル。

このターンオーバーが乱れてしまうと、ニキビなどの肌トラブルが起こったり、シミやシワができやすくなります。

紫外線の強い夏場は、日焼け止めはもちろん、帽子や手袋などでしっかりと紫外線対策をするのがオススメです。

冬場などの紫外線の弱い時期には、SPFの低い日焼け止めを使って紫外線を予防するようにしましょう。

▼シワ対策にオススメの化粧品はコチラ!

姿勢を正す

老け見えの改善策として、姿勢を正すことも大切です。

お年寄りを見ると腰が曲がってい前のめりになっていますよね。
腰が曲がったり、猫背だと、暗く沈んだ印象になってしまうので、老けて見えてしまうのです。

年齢よりも老けて見える方は、ヘアメイクなどの見た目以外にも、姿勢も関係しているかもしれません。

姿勢を正しくするためには、歪んでしまった骨盤を元の位置に戻してあげたり、ストレッチをしたりすることが効果的です。

【マインド編】若く見られるコツ

ここまでヘアメイクやファッション、生活などで老け顔改善のコツをご紹介しました。

しかしそのほかにも、若く見られるようになるポイントがあります。

それが心の持ちよう、つまりマインドです。
マインドと聞くと少し難しいイメージを持つかもしれませんが、じつは簡単に取り入れられる対策法です。

そこでここからは、マインドで若く見られるようにするコツをご紹介します!

ニコニコ笑顔で過ごす

少しでも若く見せるためには、毎日ニコニコ笑顔で過ごすことが大切です。

老けて見える原因のひとつとして、いつも険しい表情になってしまっていることがあげられます。

険しい表情になってしまっていると思いつめたような雰囲気が出てしまい、どうしても若い印象に見せることはできません。

ニコニコしていると表情筋を鍛えることもできるので、フェイスラインのたるみの改善にもつながります。

生活にハリを持たせる

老け顔改善に効果がある方法として、普段の生活にハリを持たせることがあります。

生活にハリを持たせることにより、自然と明るくなり、イキイキとした表情になるので、若く見られるように。

趣味を見つけたり、英語を勉強するなど新しいことにチャレンジしたり、恋をしてみるのもよい刺激となって生活のハリになるでしょう。

年齢を言い訳にしない

老けた印象に見えてしまう原因として、年齢を言い訳にしてチャレンジすることを恐れているマインドもあげられます。

大学生などであれば、年齢など気にすることなく何にでもチャレンジすることができますよね。

しかし年齢を重ねることで、何をするのもしないのも歳のせいにしてしまっている方もいるのではないでしょうか。

年齢を言い訳にしてチャレンジすることをやめてしまうと、どんどん老け込んだ印象になってしまいます。

若く見える芸能人の方などは、自分の年齢を気にすることなくチャレンジし続けている方が多いものです。

いつまでも若く見られるには、年齢を言い訳にせず、つねに何にでもチャレンジするようなマインドを持ちましょう。

若く見られるコツを取り入れてイキイキとした印象になろう!

いかがでしたか?
コツを押さえれば、老けて見える方も簡単に若く見られることができます。

若く見られる見た目をつくるだけで、イキイキと明るくなるので、生活にハリを出すこともできるでしょう。

ぜひこの記事を参考にして、今日から若く見えるコツを取り入れていきましょう!

※本記事の情報は掲載当時の情報となります。
※本記事の美白とは、メラニンの生成をおさえ、シミやそばかすを防ぐこと(医薬部外品)、また、メーキャップ効果によってお肌を白く見せること(化粧品)です。
※本記事のエイジングケアとは、年齢に応じた化粧品でのケアのことです。
※本記事の口コミは個人の感想です。効果・効能を示すものではありません。

おすすめ保湿化粧品ランキング

商品 特徴
ランキング1位アイコン ランキング1位オルビス VoCE乾燥&化粧水ランキング1位!104万人が愛用するもちもち肌化粧品
詳細はコチラ
ランキング2位アイコン ランキング2位メディプラスゲル 簡単ケア!66種類の美容成分配合のオールインワンゲル
詳細はコチラ
ランキング3位アイコン ランキング3位米肌 自ら潤うお肌へサポート!ハリや毛穴にもオススメ
化粧品診断テストバナー
老けて見える原因は?若く見られるコツ5選

老けて見える原因は?若く見られるコツ5選

この記事が気に入ったら