毛穴詰まりを解消!角栓除去方法・おすすめケアアイテムを紹介

一度キレイにケアしたのに、気付くとまた毛穴が詰まっている…。

皆さんも、こんな経験をされたことはありませんか?

なかなか解消されない、頬や鼻の毛穴詰まりに悩んでいる方は、けっこう多くいます。

「毛穴レスでツルツルお肌の人はどうやってケアしているの?」
「私はもともとの肌質が違うから仕方がない…。」

そんな風に諦めるのはまだ早いですよ!

頑固な毛穴詰まりの解消法では、角栓の除去と現在のスキンケアを見なおすことがポイントです。

そこで、毛穴詰まりを解消する角栓除去方法と、おすすめスキンケアアイテムをご紹介します!

毛穴詰まりの正体は角栓!

毛穴に詰まっているものの正体はいったいなんでしょう?

これは角栓といい、皮脂や古い角質などの老廃物が混ざり、排出しきれず毛穴に残ったものです。

角栓は30%が皮脂、残り70%がタンパク質でできています

そのためタンパク質を分解しない限りは、詰まった角栓を取り除くのは困難です。

毛穴が詰まる3つの原因

この角栓は、皮脂が毛穴から過剰分泌されることによって作られます。

皮脂腺から分泌される皮脂は、さまざまな外的刺激から私たちの肌を守る、バリア機能を持つ大切なものです。

しかし、なんらかの理由で大量に分泌されると毛穴は余分な皮脂を排出しきれなくなり、毛穴詰まりを引き起こします。

皮脂だけでなく汚れなどの老廃物が毛穴に残ることでも、毛穴詰まりが起こります

では、このような毛穴詰まりが起こる3つの原因を見ていきましょう。

その1.乾燥

1つ目の大きな原因は肌の乾燥です。

乾燥は、毛穴に限らずさまざまな肌トラブルの元となるため、注意が必要です。

とくに注意したいのが洗顔やクレンジングのとき。

洗顔やクレンジング時に力を入れてこすりすぎたり、熱いお湯で流したりしていると、必要な皮脂まで流れ落ちてしまいます。

必要な皮脂まで失われてしまったことを察した皮膚は、新たに皮脂を分泌させて肌を守ろうとします。

つまり肌が乾燥すればするほど、その防御策として、皮脂は大量に分泌されるのです。

またスキンケア不足も、乾燥を招く要因の1つです。

洗顔後の保湿を怠っていると、皮膚は水分を維持できず硬くなります。

硬い皮膚は毛穴の伸縮も悪くなり、汚れをうまく排出しきれず詰まらせてしまうのです。

その2.肌質

肌質も毛穴詰まりに大きく関係しています。

オイリー肌の中には、遺伝的に皮脂腺が大きく余分な皮脂が出やすいタイプの人がいます

皮脂分泌量が通常より多いため、毛穴詰まりも起こりやすい状態です。

また自分がオイリー肌だと思っていても、実は隠れ乾燥肌(インナードライ)ということも考えられます。

これは足りない水分や潤いを補おうと皮脂を大量に分泌して、肌を乾燥から守っているためです。

乾燥肌の方は、潤いや皮脂の分泌が少ないと毛穴が硬くなり、老廃物をうまく排出できずに毛穴が詰まりやすくなります。

自分の肌質を間違って認識している人は、実は少なくありません。

毛穴詰まりを解消する前に、自分の肌が本当はどういうタイプなのかしっかりチェックしておく必要があります。

その3.メイク汚れの落とし残し

力を入れて洗顔やクレンジングをすると、肌がダメージを受けて乾燥しやすくなります。

だからといってメイクをしっかり落とさないのも、毛穴にとっては危険です。

ファンデーションなどの落とし残しは、皮脂と混ざって角栓となり、毛穴を塞ぐ原因になります。

まずは角栓詰まりを除去しておく!

角栓が簡単にとれるようなら、先にとってしまう方がいいでしょう。

角栓は放置しておくと、酸化して黒ずみになったり、毛穴を押し広げてしまったりする恐れがあるからです。

そのため、表面に出ている角栓がとれそうなら先に取り除いてしまったほうが、後のケアも楽になります。

しかし、あくまでも簡単にとれそうな角栓であることが前提です。
爪で押し出したり、ムリヤリとりだすのは厳禁

角栓の先が肌表面に出ていて、つまめるようであれば、毛抜きやピンセットもOKですが、皮膚に触れるのはいけません。

角栓を取り出す際のNGポイントは、後の方でも紹介しているのでチェックしてくださいね。

毛穴詰まりの解消法3つ

ここから、毛穴詰まりをケアしながら予防もしていくお手入れ方法を紹介していきます。

どれも難しいものではありませんが、毛穴レスのツルツル肌を目指すのであれば、毎日コツコツと続けることが大切です。

その1.毛穴対策のスキンケアを徹底する

毎日のスキンケアで、角栓の元となる余分な皮脂や汚れを、きちんと取り除きましょう。

その日の汚れはその日の内に落としておくことが大切です。

肌に優しい洗顔方法で皮脂分泌を抑える

まずは皮脂を落としすぎないよう意識しながら、クレンジングや洗顔を行いましょう。

注意するポイントを簡単にまとめると、以下のようになります。

  1. 肌への摩擦を少なくするためにも、洗顔料はしっかり泡立てる
  2. こすらず、なでるように洗顔料を顔に乗せる(乗せる時間はなるべく短く)
  3. 流す際は32〜34℃のぬるま湯で流す(水では汚れが落ちにくいが、熱いと皮脂が落ちすぎてしまうため)
  4. すすぎは念入りに行う(手のひら全体を使って30回ほど)

これらの点を押さえて洗顔やクレンジングをするだけでも、毛穴詰まりへの効果はグッと違ってきます。

肌への刺激を極力減らすため、力を入れずに短時間で行うことがコツです

しかしメイクや汚れが残っていては、洗顔やクレンジングの意味がありません。

刺激が少なく汚れをきちんと落とせる洗顔料選びも、重要なポイントです。

その2.保湿を徹底する

乾燥を防ぎ油分と水分のバランスを取るためにも、洗顔後は化粧水や乳液などでしっかりと保湿することがとても重要です。

どんなにきれいに汚れを取り除いても、水分が足りない肌は、また皮脂を過剰に分泌させてしまいます。

また皮脂による肌バリア機能がうまく働かず、乾燥などの刺激を受けて肌を弱らせてしまいます。

そうならないためにも、正しい洗顔+徹底保湿のダブルケアを常に心がけておきましょう

毛穴のためにとりたい保湿成分

数ある保湿成分の中で、毛穴に効果的と言われる代表的な成分を紹介します。

化粧品を選ぶ際の参考にしてください。

セラミド 保湿力が高く角層内部に水分を閉じ込め、肌をふっくらさせる
ヒアルロン酸 高い保水力があり、たるんだ肌にハリを与える
エラスチン 肌の基礎を整え肌に弾力を与える
ビタミンC誘導体 皮脂の過剰分泌を抑えてコントロールし、肌を引き締める

保湿力の高い成分で毛穴の開きをケアし、保水力や弾力に効果的な成分で、たるみによる毛穴の開きの解消を目指します。
皮脂分泌量のコントロールに役立つビタミンC誘導体は、皮脂による頭皮のベタつきに悩む方向けのヘアケアアイテムにも使われる成分です。

参照:資生堂 美容成分辞典「セラミド」
参照:資生堂 美容成分辞典「ヒアルロン酸」
参照:ファンケル「肌の弾力繊維にタンパク質DDDR2が重要な役割を果たすことを発見」
参照:エトヴォス「夏にビタミンCが大切な3つの理由」

収れん化粧水で肌をキュッと引き締め

毛穴対策には、収れん化粧水を使ってあげるのも効果的です。

収れん化粧水には、肌を引き締め、汗や皮脂の分泌をコントロールする作用があります。

毛穴の開きや皮脂分泌にいいだけでなく、肌のキメを整えてくれる嬉しい効果もあるのでおすすめです。

その3.ベースメイクの厚塗りは控える

毛穴を隠そうとベースメイクを厚塗りにしてしまうのはNGです。

ファンデーションなどのベースメークは油分を含んでいるので、厚く塗れば塗るほど落とすのに手間がかかり、肌へのダメージも大きくなります。

肌が疲れないよう、薄づきメイクを心がけてください

薄づきなのにカバー力があるものや、簡単に落とせるもの、自然素材で肌に優しいファンデーションを選ぶのもポイントです。

スペシャルケアも取り入れてみよう!

毛穴詰まり対策のスキンケアと合わせて、定期的にスペシャルケアも取り入れていきましょう。

毛穴だけでなく、肌のコンディションも整えられるので、美肌作りのためにもおすすめです。

酵素洗顔

酵素洗顔料には、古い角質や鼻周りの黒ずみ、角栓を取り除く作用があり、角栓ケアにとてもおすすめです

さまざまな酵素洗顔料が販売されていますので、肌に合いそうなものや、気になるものを選んでみましょう。

酵素洗顔をした後は、古い角質が取れて化粧水や美容液などがはいりやすい状態になっています。

肌の奥まで潤いを届けるチャンスなので、たっぷりと保湿してあげましょう。

酵素洗顔料を使うと、ピリピリとした刺激を感じる人もいるようです。

とくに乾燥肌の人に多いようなので、乾燥肌の方は使用頻度を控えめにして、毛穴詰まりが気になる場所への部分使いにする方がよいでしょう。

お家で簡単ピーリング

ピーリング洗顔も、毛穴のケアにとても効果的です。

ピーリング用の石けんや洗顔料には、古い角質や余分な皮脂を穏やかに取り除く作用があるので、定期的に取り入れてあげるとよいでしょう。

ピーリングの後は肌が乾燥しやすいので、しっかり保湿してください。

毛穴詰まりが気になるからといってピーリングをやりすぎるのはNGです

必要な皮脂や角質までも落としてしまい、肌に負担をかける恐れがあるので、必ずメーカーごとの使用法や頻度を守って使ってくださいね。

蒸しタオルで肌を柔らかく

硬くなった肌は毛穴の伸縮が悪く、詰まりやすいので、週に2~3回は蒸しタオルで肌を柔らかくしてあげるとよいでしょう。

蒸しタオルでのスチームパックをすると、毛穴の伸縮が良くなり、汚れや角栓を取り除きやすくなります。

濡らしたタオルを500Wのレンジで1分ほど温めた後、火傷しない程度に冷ましてから鼻に当てます

蒸気で肌が柔らかくなり、表面の汚れもさっぱり落とせて気持ちいいですよ。

こちらも、やりすぎると皮脂を落としすぎてしまうので、くれぐれも気をつけてください。

ニベアの鼻パック

蒸しタオルをするなら、SNSでも話題になっているニベアの鼻パックをためしてみてはいかがでしょうか。

  1. 蒸しタオルのスチームパックを、1〜2分行う。
  2. 肌の色が隠れるくらい厚めにニベアを塗ってラップで覆う。
  3. ラップの上から蒸しタオルをのせ、10分ほどしたら洗い流す。
  4. いつものスキンケア方法で保湿する。

ニベアを使った鼻パックは、蒸しタオルを使う代わりにお風呂に浸かりながらでも行えます。

湯船に浸かり毛穴が開いたらニベアを塗って、ラップで覆い湯船に浸かったまま5分以上パックしましょう。

ニベアは油分が多い保湿クリームなので、水やぬるま湯ではなかなか取れないと感じる方もいるようです。

質感が気になる方や、脂性肌の方は洗顔料を使って落としましょう。

ホホバオイル×綿棒でマッサージ

顔だけでなく、ボディケアやヘアケアにも使えるホホバオイルと綿棒を使ってマッサージする方法もあります。

ホホバオイルは皮脂に近い成分のオイルなので、皮脂詰まりにもなじみやすいですよ。

  1. 蒸しタオルのスチームパックを、1〜2分行う。
  2. 綿棒にたっぷりのホホバオイルを含ませる。
  3. 毛穴詰まりが気になる部分に綿棒を転がしたり、なでたりするようにして2〜3分マッサージする。
  4. 32〜34℃のぬるま湯で洗い流したら、いつものスキンケア方法で保湿する。

ホホバオイルで浮き上がらせた汚れを、綿棒で絡め取っていくようなイメージでマッサージを行います。

綿棒で毛穴汚れを押し出すような取り方は、肌を傷めてしまうのでやめましょう。

毛穴を詰まらせるNGケア方法5つ

毛穴詰まりをきれいに取り除いてくれるように思えても、かえって悪化させてしまうようなケア方法もあります。

その1.皮膚を傷つけてムリヤリ押し出す

目立つ黒ずみを爪や毛抜きで押し出したくなりますが、これはやってはいけません。

皮膚や毛穴を傷つけることで雑菌が繁殖し、炎症やニキビを起こしかねません。

ムリヤリ押し出すことで毛穴を押し広げてしまうため、余計に角栓が詰まりやすくなる恐れもあります。

その2.刺激を与える

毛穴には刺激を与えないようにすることが大切です。

かゆみやマッサージなどでゴシゴシと力を入れてこすると、摩擦によって肌に大きな負担がかかります。

摩擦は皮脂の分泌を過剰にしたり、角質を厚くしたりするほか、さまざまな肌トラブルを引き寄せる原因にもなります

かゆみは乾燥によって引き起こされることが多いので、かゆみを感じたらまずは保湿して極力触らないようにしましょう。

その3.角栓パックを使う

はがすタイプの角栓パックも人気がありますが、はがす際に肌へ負担がかかってしまいます。

毛穴からムリヤリ角栓を取り除くため、毛穴が広がってしまう可能性もあります。

ひどい場合は陥没毛穴と呼ばれる、毛穴が元に戻れない状態になってしまうこともあるので、気をつけましょう。

その4.油取り紙を使う

顔のテカリを抑えるために、油取り紙を使うのは控えましょう。

油取り紙は優秀で、肌に必要な油分や水分までも取りすぎてしまいます。

テカリを取りたい時には、ティッシュで軽く押さえてオフしてあげればOKです。

水分と油分のバランスが崩れているので、ティッシュでオフする前にスプレータイプの化粧水などで保湿してあげるといいですよ。

  1. 顔全体、またはTゾーンや鼻などテカリが気になる部分に、顔から20〜30cm離して化粧水をスプレーする。
  2. ティッシュ1枚を三角になるよう半分に折り、軽く顔に押し当てる。
  3. 小鼻などとくに皮脂が気になる部分は、さらに半分にティッシュを折ってしっかりと押さえる。
  4. パウダーファンデやリキッドファンデなどをなじませて整える。

皮脂や汗などと一緒に、化粧水もティッシュオフしてしまう可能性があるので、化粧水をスプレーする時は、肌がしっとり濡れるくらいまでつけましょう。

その5.オイルクレンジングでマッサージ

「オイルクレンジングで毛穴の汚れスッキリ!」なんていうフレーズを目にすることもあるでしょう。

しかし、オイルだけで角栓が取れるかというと、それは違います。

角栓はほとんどがタンパク質なので、オイルクレンジング剤で落とすのは難しいのです。

皮脂が混ざっているので、オイルで柔らかくすることはできますが、詰まりを取るほどの効果は期待できません。

一見毛穴がスッキリしたように見えても、落とせたのは表面の汚れだけで、奥の詰まりは残ったままになっています。

オイルを使ってマッサージをすることで必要な皮脂も落としてしまうので、かえって肌に刺激を与えることになります。

そこから乾燥肌やオイリー肌になり、結局また毛穴を詰まらせてしまうという悪循環も起こりかねません。

毛穴詰まり解消を目指せるおすすめのケアアイテム3選

毛穴詰まりのケアをするなら、使うスキンケアコスメもこだわりたいですね。

ここでは口コミ評価も高い、毛穴詰まり解消を目指せるおすすめのケアアイテムを紹介します。

ビーグレン/毛穴ケアプログラム

トライアルセット
  • クレイウオッシュ(15g)
  • QuSomeローション(20ml)
  • Cセラム(5ml)
  • QuSomeモイスチャーゲルクリーム(7g)
価格 1,710円(税込)
特徴
  • 365日返金対応
  • 送料無料
  • 後払い・代引き手数料無料

サイエンスコスメのビーグレンには、毛穴の悩みに適したアイテムを集めた、毛穴プログラムがあります。

中でも毛穴詰まりの悩みである毛穴の黒ずみや角栓などを吸着して落とす、天然クレイの洗顔料はおすすめです

口コミ

これは毛穴の奥まできれいに洗って、ちゃんと潤いで満たされるんですね。
使い始めて3日目くらいになんだかお肌が全体的にさっぱりとしてきたな、と実感。
とはいえ、ちゃんと潤いはあるので手触りは違います。
引用:@cosme

毛穴に黒ずみが詰まりやすく、剥がすタイプの鼻パックばかりしていました。
それもあって、毛穴がなかなか小さくなりませんでした。

一週間これを使ってみた結果、なんと!少し毛穴が小さくなり、ファンデをつけるとだいぶぽっかり毛穴でなくなったので、感動です!
引用:@cosme

毛穴の汚れを落とす洗顔料だけでなく、化粧水の保湿力など、アイテム全般に対しての口コミ評価が高い、ビーグレンの毛穴プログラム。

ライン使いできると、より効果を実感できそうです。

≫ビーグレンの公式サイト≪

長寿の里/然 よかせっけん

つかってみんしゃいよか石鹸

価格 1,841円(税込)
内容量 88g
特徴
  • 定期購入でも1回で停止や休止可能
  • 泡立てネット付き
  • 1カ月〜3カ月に1回の定期購入ペースが選べる

美肌成分を60%以上含む、医薬部外品の手作り石けんです。

石けんなのに、汚れを落とすことだけでなく肌を潤すことや整えることも考えて作られています。

口コミ

ふわふわのキメが細かくて、しっかりとした弾力の泡が作れます。
泡洗顔していますが凄くスッキリしますし、洗い上がり透明感が出ます。

毛穴がキュッと引き締まる感じがして、毛穴が小さくなってお肌自体もきれいに見えるようになったとよく言われます。
引用:@cosme

使い始めてすぐにはあまり効果を感じなかったのですが、二週間ほどで頬の毛穴のつまりがだいぶ減ったことに気がつきました。
よかせっけんを使用している間は、フェイスラインの吹き出物も少し落ち着いているように思います。
引用:@cosme

少量でも泡立ちがいいことや、ふわふわ感のある泡が作れることでも人気が集まっています。

さっぱりと洗い上がるのに、つっぱらないところも高評価のポイントのようです。

≫よかせっけんの公式サイト≪

Cure/ナチュラルアクアジェル

ナチュラルアクアジェル Cure 250g

価格 2,700円(税込)
内容量 250g
特徴
  • 送料無料

無香料、無着色、防腐剤不使用のピーリング化粧品です。

成分の91%が水というシンプルさが魅力のジェルで、マッサージしながら角質を取りのぞいていきます。

アロエベラ葉エキスやイチョウ葉エキスなどの保湿成分も配合されているため、洗いあがりもなめらかな肌を実感できるでしょう

口コミ

さらっとしたテクスチャーで垂れてはきますが、しっかり毛穴の汚れや古い角質が除去されてお肌に透明感が出てツルツルになります。
引用:@cosme

人によって毛穴の汚れが完璧になくなるってところまではいかないかもしれませんが、かなり効果があると思います。★の数、もっと多くてもいいのではと思うくらい。
引用:@cosme

ポロポロと汚れが取れるのが楽しくて、ついやりすぎてしまうなんて口コミもあるほど、古い角質をとるアイテムとして人気があります。

セルフケア以外での角栓処理方法

自分で角栓ケアするのは面倒だしもっと手っ取り早くきれいにしたい。

そう思われる場合は、皮膚科やエステサロンでの施術を受けることも、1つの方法です。

皮膚科やエステは効果も高く、セルフケアと比べて短期間で毛穴詰まりを解消することができます

美容皮膚科での角栓除去方法

一般の皮膚科でも毛穴ケアをしてもらえるところがありますが、美肌のことも考えてくれる美容皮膚科がおすすめです。

ケミカルピーリング

相場価格 5,000〜10,000円
特徴
  • 薬剤を使用して古い角質を取り除く
  • 新陳代謝が促されるため毛穴の開きに対する改善も期待できる

皮膚科で行うケミカルピーリングは、医師がカウンセリングしたうえで薬剤を選びます。

薬剤を使うため、肌への刺激はゼロではありません。

人によっては赤みやかゆみ、ピリピリとした痛みや軽い炎症を起こす可能性があります。

もし施術中や施術後に少しでも違和感があったら、すぐに医師に相談しましょう。

レーザー治療

相場価格 5,000〜10,000円(部分治療)
特徴
  • 必要のない角質を取り除けるレーザーがある
  • ターンオーバーを促し、毛穴の開きやたるみ治療にも使われる
  • 1カ月に1〜2回のペースで、3回以上受けることが多い

麻酔の必要はほぼありませんが、輪ゴムで軽く弾かれるような痛みがあります。

レーザー治療後は紫外線の影響を受けやすく、色素沈着を起こす可能性があるため、紫外線対策は必須です

真夏に外出が多い方や旅行を計画されている方など、強い紫外線を受けることが考えられる期間は、治療を避けたほうがよいでしょう。

美容皮膚科が一般の皮膚科と違う点は、保険が適用できない治療が多いという点です
費用も高くなるため、事前に医師としっかり相談してから治療することをおすすめ
します。

エステサロンでの角栓処理方法

毛穴対策メニューを扱うところも多くありますが、毛穴吸引やシートマスク・スチーム・パック・光フェイシャルなど、内容はサロンごとに違います。

値段やコースなど選択肢も多いので、無料体験やカウンセリングで試してから、納得できるサロンを選ぶ方がよいでしょう

病院での治療やエステサロンでの施術は、効果が高くても1回で完全に治るというわけではありません。

一時的に治ったと思っても、ケアを怠るとまた同じトラブルを繰り返すことになります。

きれいな状態を保つためには、やはり毎日の地道なセルフケアが必要だということを忘れてはいけません。

体の中からも詰まりをケア

毛穴を外側からケアするのと同時に、体の中からもケアしてあげましょう。

体の調子を整えることでターンオーバーも整い、皮脂分泌を上手にコントロールするだけでなく、肌全体をさまざまなトラブルから守ります

生活習慣を見直そう

皮脂分泌を上手にコントロールするためには、普段の生活習慣を見なおす必要もあります。

まず第一に、しっかり睡眠をとること。

睡眠時間が短くても、肌のゴールデンタイムと呼ばれる22時~2時の間には、なるべく睡眠をとるようにしましょう。

ぐっすり眠れるようリラックスできる環境を整えるなどして、睡眠の質を向上させると、肌の生まれ変わりを促してくれます

次に食べ物にも気を使いましょう。

過剰なアルコールや糖質、動物性タンパク質などは皮脂分泌のコントロールを乱してしまいます。

肌を整えるビタミン群など、肌にいい栄養素を取り入れながら、バランスのよい食事を心がけましょう。

毛穴にイボやしこりができた場合の対処法

毛穴に皮脂が詰まると、ニキビや吹き出物になることもありますが、他にこんなものができることもあります。

しこりニキビ

角栓ではなく、触ると固いしこりのようなものがあり、痛みやかゆみがある場合は、しこりニキビです。

毛穴に溜まった皮脂や老廃物が原因で炎症状態が続き、壊れた組織を修復する為に増殖した細胞が、しこりとなってしまうのです。

血行が悪く新陳代謝が滞っている人にできやすいと言われていて、一度できると治りにくく、炎症や痛みがひどくなるケースもあります

イボ

イボにも色々な種類がありますが一般的なイボの原因はウイルスの感染によるものです。
体や皮膚が弱っていたり傷ついていたりするとそこから侵入し皮膚を硬く変化させるイボとなって現れます。

毛穴にできた吹き出物の対策

顔にしこりやイボなどができた場合は、極力触らないようにしましょう。

刺激を与えると、炎症や膿がひどくなったりイボが増えたりすることがあります。

また、毛穴ケアと同じようにターンオーバーを正常化させることが大切です。

バリア機能が弱っている部位にできることが多いため、乾燥させないよう保湿をしっかりして、食べ物や生活習慣を見なおす必要もあります。

吹き出物の自己判断は非常に難しく、間違った判断で悪化させてしまう恐れがあります。

基本は毛穴対策と同じケアをこころがけ、ひどくならない内に皮膚科などの医療機関を受診するようにしましょう

毛穴詰まりは予防が大事!丁寧なスキンケアが一番の近道

皮膚は皮脂やタンパク質を生成し続けるため、毛穴の詰まりを完全に取り除くことはできません。

しかし、毛穴を開きにくくして詰まりを少なくする、つまり毛穴詰まりを予防することは可能です。

毛穴詰まりに必要な基本ケアは以下の2つです。

  1. 毛穴や皮膚への刺激を極力減らし、乾燥から守る
  2. 保湿を徹底して、肌のターンオーバーを正常化させる

基本のケアをすることで、毛穴は油分と水分のバランスを上手に保ち、自らの皮脂分泌を調整できるようになります。

このスキンケアで1番大切なポイントは、丁寧にコツコツと続けていくことです!

※本記事の情報は掲載当時の情報となります。
※本記事の「毛穴の引き締め」とは、メイク効果により毛穴が目立たなくなることです。また、洗顔により毛穴の汚れを除去することを示します。
※本記事でいうエイジングケアは、年齢に応じた化粧品のケアのことです。
※本記事の口コミは個人の感想です。効果・効能を示すものではありません。

おすすめ毛穴化粧品ランキング

商品 特徴
VoCE化粧水ランキング1位!保湿力抜群のオルビスの毛穴ケア!
詳細はコチラ
全ての毛穴に対応!1,000円で試せる人気商品!
詳細はコチラ
医学界認定!雑誌やインスタで話題のサイエンスコスメ
詳細はコチラ

ワキとVライン+10か所が100円で脱毛できる!?夏に向けてつるすべ肌に!

6月限定のお得なキャンペーンをご紹介!

毛穴詰まりを解消!角栓除去方法・おすすめケアアイテムを紹介

この記事が気に入ったら 

編集部注目記事

【厳選】オススメ顔用保湿クリーム15選!プチプラ&高保湿ランキング!

種類が多い顔用の保湿クリーム。 一体どれを使えばいいの…?そんな方のために、プチプラからデパコスまで、保湿効果の高いフェ…

【2018年度版】安全で効果高め!飲む日焼け止めサプリランキング!

紫外線はシミやシワの原因になるので、夏場はもちろん、通年を通して紫外線対策は欠かせませんよね。 でも、毎日日焼け止めを塗…