【紫外線対策】日焼け止め・帽子・服の選び方は?目の日焼けはサプリが良い?

紫外線の対策法には、日焼け止めや帽子・サングラスなどの日焼け防止グッズなどがあります。
これらの対策を何となく「日焼け止めはSPF・PAが高ければいい」とか「とにかく肌を出さなければいい」という基準で考えていませんか?

より効果的に日焼け対策をするために、これらの対策グッズを選ぶポイントや使い方について知っておくのがおすすめです。

そこでこの記事では、日焼け止め、日焼け防止グッズ、生活の工夫からできる日焼け対策についてお伝えします。

紫外線対策がいつから必要なのか、紫外線の基礎知識についても記述しているので、記事を読んでしっかり日焼け対策の準備をしましょう!

日焼け止めで効果的に日焼け対策!

日焼け対策といえば、まず欠かせないのが日焼け止め。
効果的に日焼け対策をするために、日焼け止めについて知っておきましょう。

日焼け止めのSPF・PAとは?

日焼け止めにはSPF・PAの表記がありますが、それぞれ下記の意味を持ちます。

SPF
  • Sun Protection Factor
  • UV-Bをどの程度防げるかを表した数値
  • SPF1で日焼けを20分程度抑えることができる

【例】SPF30:30×20 = 600(10時間)

PA
  • Protection grade of UV-A
  • UV-Aをどの程度防げるかを表した数値
  • 4段階あり、+(プラス)の数が多いほどUV-A防止効果が高い

それぞれ、使用するシーンに合わせて日焼け止めの強さ(SPF・PAの値の高さ)を調節しましょう。

SPF・PAを決める目安

日焼けどめの強さは、具体的につぎのSPF・PAを参考にして考えてください。

SPF10前後/PA++以下:買い物、散歩などのちょっとした外出時
SPF10~35/PA++~+++:長時間屋外にいるとき、軽いスポーツ時
SPF30~50/PA++~++++:長時間直射日光下にいるとき、マリンスポーツ
SPF40~/PA+++~++++:紫外線アレルギーの人、紫外線の強い場所にいる時

買い物など短時間の外出の際には、SPF20・PA++程度で十分だといわれています。
野外でのスポーツなどで長時間外にいる場合は、SPFとPA値が高いものを選ぶようにしましょう。

日焼け止めの成分も要チェック

日焼け止めを選ぶ時には、成分の紫外線吸収剤と紫外線散乱剤もチェックしておきましょう。
それぞれ使用上の特徴があります。

紫外線吸収剤 紫外線散乱剤
特徴
  • 効果が高く、透明なので白くならず使いやすい
  • 効果が長続きしない
  • 肌への刺激が比較的強い
  • 白くなる、ベタつくなど使用感が悪い
  • 効果は比較的長持ちする
  • 比較的肌に優しい
  • 子ども用・敏感肌用のノンケミカルサンスクリーンとして使われる
おもな成分
  • t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
  • メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
  • ジメチル PABA オクチル
  • オキシベンゾン-3
  • 酸化チタン
  • 酸化亜鉛
作用 紫外線を吸収して熱や赤外線に変換する 紫外線を肌の表面で跳ね返して、肌に直接紫外線を当たらないようにする

使いやすさ重視なら紫外線吸収剤、肌へのやさしさ重視なら紫外線散乱剤を使うのがおすすめです。

日焼け止めの効果的な塗り方

日焼け止めは塗り方にもポイントがあります。
まず、塗る前に肌に数カ所のせることで、塗りムラを防ぐ事ができます。
それぞれ部位別の塗り方はつぎの通りです。

顔:パール粒1個分を両頬・額・鼻・あごに1箇所ずつのせ、顔中によく伸ばす。これを2回繰り返す
首:数カ所のせ、下から上の方向に伸ばす
身体:塗りたい箇所に直接線状にひき、円をかくように広げる

日焼け止めは手のひらにのばすと、手のシワに入り込んでしまいます。
なるべく日焼けどめのチューブから直接塗るか、手のひらであまり広げない様にして塗りましょう。

2,3時間おきに塗りなおす

いくらSPF・PAを意識して塗っても、汗で流れてしまっては意味がありません。
ウォータープルーフは1日1~2回、通常の日焼け止めは2,3時間毎に塗り直しをしましょう。

顔はメイクをしていると日焼け止めの塗り直しが難しいので、紫外線吸収剤や紫外線散乱剤を使用しているファンデーションやフェイスパウダーを使用したケア方法がおすすめです。

赤ちゃん・子どもの日焼け対策は?

幼児期の肌は大人よりも敏感なので、日焼けによるリスクも高くなります。
しかし日差しを浴びないでいると、骨の成長に必要なビタミンDが欠乏してしまうこともあるため、しっかり日焼け対策をしたうえで日光浴をしましょう。

日光浴をするときは、昼間の日差しが強い時間を避けて対策をする事が大切です。
日焼け止めを選ぶ時の基準はつぎのとおりです。

生後28日以降~1歳未満:大人の敏感肌用の日焼け止めを使う
1歳以上~6歳未満:子供用の日焼け止めが使える
6歳以上:一般的な日焼け止めでOK

日焼け止めと日傘・帽子などのグッズを併用すると良いでしょう。
日焼けどめの刺激が心配な方は、腕で一度パッチテストをしてください。

オススメの日焼け止め

日焼け止めにもSPF・PAの強さ、日焼け止めスプレー・クリーム・ジェルといったテクスチャーの違いなどさまざまな選ぶ基準があります。
部位やシーンによって使い分けると良いでしょう。

つぎの記事におすすめの日焼け止めについてまとめているので、参考にしてみてください。

飲む日焼け止めで内側から日焼け対策

最近では日焼けを防ぐサプリメントも販売されています。
毎日服用するだけで日焼け予防効果が高まるので、日焼け止めの塗り直しを忘れがちな人にもオススメです。

また、肌が敏感で日焼け止めクリームが合わないという方も、無添加の飲む日焼け止めなら肌に悪影響を与えずに紫外線対策ができます。
さらに、塗る日焼け止めでは予防できない目からの紫外線もケアできます。

1,000円程度の価格から購入できる日焼け止めサプリもあるので、気になる方は次の記事をご覧ください。

日焼け防止グッズで紫外線対策!

身につけるだけで紫外線対策ができるアイテムも多くあります。
グッズを選ぶポイントとともに、解説していきます!

帽子

uvカット 帽子 農作業 日除け防止 紫外線カット 日よけ帽子 レディース 春夏 自転車 バケットハット ひも uv hat つば広 ネックカバー コットン ポニーテール 56㎝ 57㎝ 58㎝ 黒

帽子は直射日光をさえぎるので、つばが長ければ長いほど浴びる紫外線量を減らせます。
5cmのつばの帽子を被ったときは50%、10cmの場合は30%まで紫外線をカットできます。

帽子にはさまざまな種類や色がありますが、なるべく黒い色でつばが長い帽子をかぶるようにしましょう。
ホワイトカラーは紫外線を通しやすく、濃い色であるほど紫外線を吸収してくれます。

また、UVカット機能のある帽子は、より紫外線をカットする素材や作りになっています。
デザインもさまざまですので、ファッションにこだわる方にもおすすめです。

サングラス・メガネ

Alleygem レディース サングラス 日焼け対策 紫外線 UV 400 99.9%カット 美白 美肌 花粉 (ブラウン)

紫外線対策の目的でサングラスを選ぶ際には、紫外線透過率(UVカット率)を見ましょう。
紫外線透過率が低いほど、紫外線をカットできます。
あわせて顔の形に合ったサングラスを使用することで、目に入る紫外線を90%近くカットできます。

濃い色のサングラスは紫外線対策に向かない?

濃い色のサングラスの方が紫外線をカットしそうな印象がありますが、実際はそうとも限りません。
むしろ濃い色のサングラスはUVカット加工されてないものの場合、暗さで目の瞳孔が開いて紫外線が多く目に入り込みやすくなってしまうのです。

紫外線対策でサングラスを購入する際には、レンズの色よりも性能を重視しながら選ぶようにしましょう。

日傘

uvistar 折り畳み傘 ワンタッチ自動開閉 撥水加工 耐強風  晴雨兼用 UVカット 収納ケース付 8本骨 107cm

日傘は厚手のブラックで、UV加工されているものを選ぶと良いでしょう。
目の細かい綿・麻・絹などの素材がオススメです。

日傘は反射紫外線に要注意!

日傘を使えば日焼け対策ができますが、反射紫外線を防げません。
反射紫外線とは、光のように反射してダメージを与える紫外線です。

【紫外線の反射率】
新雪:80%
砂浜:10 ~ 25%
水面:10 ~ 20%
コンクリート・アスファルト:10%
草地・芝生/土面:10%以下
引用:環境庁「紫外線環境保険マニュアル」

日傘だけでは直接当たる日差しを予防できても、反射紫外線を防ぐ事は難しいです。
とくに海・川などの水面、雪の積もっている場所は反射紫外線が多くなるので、注意しましょう。

UV加工された服

FEIDA レディース 薄手 柔らか ロング カーディガン UVカット レディース 春 夏 秋 冬 通用 紫外線 日焼け 冷房 対策 (フリサイズ, ブラック)

UV加工された長袖のカーディガンやストールなどを着用するのもオススメです。
紫外線の透過率は黒が15%、白は60%程度なので、なるべく黒色を着用すると良いでしょう。

とくに、黒色のしっかり編目がある衣類が紫外線を通しにくくなります。
しかし夏場は厚手の衣類を着用すると熱中症になる危険性がありますので、半袖の服の上に重ねても快適に過ごせる生地の厚さに調節してください。

マスク

ツーヨン UVカット マスク 2枚入り 繰り返し使える < 長時間着用しても 耳が痛くならない > 【 紫外線 遮蔽率97% 】 日本製 生地使用 天然素材中心 立体マスク 【 無地 オフホワイト 】 T-56

マスクといっても、花粉症や風邪のときに使うマスクでは日焼け止め効果は期待できません。
必ず紫外線対策用のマスクを選びましょう。

紫外線対策用のマスクは、紫外線遮蔽率が90%前後あり、少し大きめに作られていて顔を広くカバーしてくれます。
また耐久性に優れ繰り返し使える、吸水速乾素材、接触冷感繊維を使用し夏場でも使いやすいなど、比較的通常の使い捨てマスクより高機能です。

絶対に焼けたくないという場合は、首丈までカバーするフェイスカバータイプもあります。

生活の工夫で紫外線対策!

生活のなかでも、ちょっと意識して行動や食べ物を変えると紫外線対策ができます。

紫外線が強い時間・場所を避ける

紫外線は昼の12時前後、太陽が最も高くなるときに強くなります。
その時間帯に直射日光を浴びないようにすることも紫外線対策のひとつです。

紫外線の具体的な強さは気象庁の紫外線情報分布図からも確認できるので、まめにチェックしておくのもひとつの手です。

紫外線が強いときに外出する場合は、なるべく日陰で紫外線を直接浴びない様にして対策しましょう。

日焼け防止に有効な食べ物

日焼けに有効な栄養をとることで、体の内側からも日焼け予防ができます。

日焼け予防によいとされている栄養素はビタミンA、C、Eです。
それぞれの栄養素を多く含む食材には、次のようなものがあります。

  • ビタミンA:ブルーベリー、レバー、ブロッコリーなど
  • ビタミンC:ゴーヤ、イモ類、レモン、イチゴなど
  • ビタミンE:魚介類、アーモンド、ひまわりの種など

紫外線対策はいつから必要?

夏だけ紫外線対策をしている、という人も多いでしょう。
確かに、夏はもっとも紫外線が多い季節です。

しかし、紫外線は5月ごろから多くなっていくので、春頃から紫外線対策が必要です。

紫外線量は6~8月にピークを迎えて9月頃まで高い状態であるため、入念に紫外線対策を行いましょう。

紫外線対策は1年中行うのがベスト!

紫外線は夏頃多くなりますが、多かれ少なかれ1年中降り注いでいます。
冬でもピークの1/3~半分程度の紫外線が出ているので、油断は禁物です。

春~夏はとくに念入りに日焼け止めを欠かさず、秋~冬はUV予防成分の入ったスキンケア化粧水を使うなどの簡単なケアを続けると良いでしょう。

曇りや雨でも紫外線は出ている

紫外線は日差しを浴びなければ問題ないと思うかもしれませんが、雲を通過するため、曇りの日でも注意が必要です。

晴れの紫外線を100%とすると、曇りは約80%、雨は約20%の割合で紫外線が出ています。

また、紫外線は室内にいれば避けられるという訳ではなく、窓ガラスなどを通しても体に影響します。

紫外線を徹底的にカットしたいなら、どのような状況のときでも日焼け対策をしておくようにしましょう。

紫外線についての基礎知識

紫外線はUV(Ultra Velvet)とも呼ばれており、太陽光線のなかで波長が短い光のことを指します。
紫外線には3つの種類があります。

UV-A(A波) 真皮まで到達し、シミ・しわ・たるみの原因になる
UV-B(B波) 表皮まで到達し、赤い炎症・シミ・そばかす・乾燥の原因になる
UV-C(C波) 酸素分子とオゾン層がブロックするため、地表には届かない。

このうち、オゾン層を通過して地球に到達するのはUV-AとUV-Bで、UV-Bは皮ふや目に有害とされています。
UV-AはUV-Bより害が少ないとはいえ、長時間浴び続けると細胞を傷つける恐れがあるのです。

紫外線が肌に与えるダメージ

肌は表面から内側に向けて表皮、真皮、皮下細胞の順で構成されているのです。

UV-Bは表皮より奥には入れませんが、表皮に強いダメージを与え、細胞を傷つけたり炎症を引き起こします。

いっぽうで、UV-Aは皮下細胞まで行き届き、肌の奥深くまでダメージをもたらします。
紫外線を長時間浴び続けると、美容に悪影響を及ぼすだけでなく、健康被害をも被ることになるのです。

紫外線を多く浴びる影響

紫外線は対策をしないで浴び続けると、人体にさまざまな影響を及ぼします。

日焼けによる肌トラブル・肌老化

日焼けをしすぎると、サンタンサンバーンと呼ばれる日焼けのトラブル・光老化のリスクがあります。


引用:環境庁「紫外線環境保険マニュアル」

UV-Bによるサンバーン

肌が真っ赤になる日焼けのことをサンバーンといい、UV-Bの影響で起こります。

サンバーンが起こると肌が赤くなるだけでなく、痛みかゆみをともなったり、ひどい場合には水ぶくれを発症させることも。

さらにUV-Bはメラニン色素が増える原因となり、その結果シミそばかすを作り出してしまいます。

UV-Aによるサンタン

肌の色が濃くなる日焼けをサンタンといい、UV-Aの影響で起こります。

皮ふが紫外線を浴びると、肌の角質層がある程度は紫外線をブロックしますが、それを通り抜けた紫外線はメラニン色素に吸収され、メラニン色素が増えて肌の色が濃くなります。

さらにUV-Aは肌のコラーゲンやヒアルロン酸を生成する細胞を傷つけるため、UV-Aを浴び続けるとシワたるみを引き起こします。

免疫力の低下による病気・ガン

皮膚の免疫力を保つ重大な役割を担っているのが、ランゲルハンス細胞です。
ランゲルハンス細胞は表皮の中に存在し、皮膚内に異物が侵入した際にその情報を脳に送る働きをします。
そのおかげで免疫反応が起き、皮膚は守られているのです。

しかし、ランゲルハンス細胞は紫外線に弱く、皮ふが紫外線に長時間当たることで細胞の数が劇的に減少してしまいます。

ランゲルハンス細胞の数が減ると免疫反応が出ず、病気に感染したりガンにかかったりするのです。
参照:日本クラブ診療所「紫外線の功罪」

目の日焼け・病気

紫外線は肌だけでなく、目にも悪影響をもたらします。

長期間紫外線にさらされた目は、UV-Bによって水晶体のタンパク質や水分が変性し、弾力性が失われ、角膜や白目にダメージを与えます。

具体的には、目の病気のリスクが考えられます。

紫外線角膜炎 結膜(白目)の充血・異物感・涙などがあり、悪化すると強い痛みをともないます。
昼間に紫外線を浴びすぎると、当日夜~翌朝の間に発症し、1~2日で自然治癒します。
紫外線白内障 目の水晶体が白く混濁し、視力低下をまねき、放置すると最悪の場合失明する事もあります。
加齢や薬の副作用などで発生することもあります。
翼状片
(よくじょうへん)
眼球結膜が黒目におおいかぶさっていき、黒目の中に白い塊があらわれます。それが瞳孔まで到達すると視力低下がおこります。

参照:環境省「紫外線による 健康影響」

髪の毛のパサつき・抜け毛

髪の毛が紫外線にさらされると、乾燥してパサついたり、髪の老化が起こって抜け毛の原因にもなります。

髪の毛は体のてっぺんにあるため、紫外線が当たりやすく、その量は顔の部分の3倍以上といわれています。

髪の毛の色が若干明るくなってしまったという場合は、注意しましょう。

健康と美肌を守りたいなら紫外線対策を

紫外線は直接目で見えないため、普段あまり意識しない方も多いのではないでしょうか。

しかし、私たちが思っている以上に紫外線による影響は大きいのです。
紫外線による日焼けで美白を失うだけでなく、肌や髪の老化、最悪の場合病気を発症する可能性があります。

美容と健康の両方を保つために、日々紫外線対策には気を使いましょう。

■参考文献

※本記事の情報は掲載当時の情報となります。
※本記事の口コミは個人の感想です。効果・効能を示すものではありません。

おすすめ飲む日焼け止めランキング

商品 特徴
効果もバッチリ、日本製で最安!お試しでも試しやすい980円サプリ
詳細はコチラ
日焼け止め成分、美容成分もたっぷり!高い効果を求める人に人気
詳細はコチラ
日本製ながらアメリカ&フランスでも人気のサプリ
詳細はコチラ

ワキとVライン+10か所が100円で脱毛できる!?夏に向けてつるすべ肌に!

6月限定のお得なキャンペーンをご紹介!

【紫外線対策】日焼け止め・帽子・服の選び方は?目の日焼けはサプリが良い?

この記事が気に入ったら 

編集部注目記事

【厳選】オススメ顔用保湿クリーム15選!プチプラ&高保湿ランキング!

種類が多い顔用の保湿クリーム。 一体どれを使えばいいの…?そんな方のために、プチプラからデパコスまで、保湿効果の高いフェ…

【2018年度版】安全で効果高め!飲む日焼け止めサプリランキング!

紫外線はシミやシワの原因になるので、夏場はもちろん、通年を通して紫外線対策は欠かせませんよね。 でも、毎日日焼け止めを塗…