平子理沙も実践!自分にぴったりの化粧水を作って誰よりキレイになろう♡

20151027-keshousui

毎日使う化粧水。実は、“自分で作れる”ってご存知ですか?

モデルの平子理沙さんは、「手作り化粧水」を10年以上使っているのだとか!あの美肌の秘密は手作り化粧水だったのですね。今回は、そんな手作り化粧水の魅力をご紹介しましょう。

手作り化粧水は混ぜるだけで実はとても簡単

化粧水を手作りするなんて聞くと、調合に知識が必要だったり工程も難しいんじゃないの?と思う方もいますよね。

実は、「混ぜるだけ」というとてもシンプルな作り方!
化粧水は、簡単に作る事が出来るのです!難しい知識や工程も全く必要ありません。

手作り化粧水のメリット3つ

①安上り

何と言っても手軽な材料で、安く出来るというのが最大の特徴。基本的なレシピなら数百円で揃える事が可能なのです。余計な添加物を入れないので、お肌にも優しく、敏感肌やお肌が荒れている方にも安心です。“経済的にも優しい”なんて嬉しいですよね。

②気兼ねなく使える

高い化粧水は、チビチビ使いがちですよね。しかし、あまりチビチビ使っていると、“化粧水の量が足りず、せっかくの効力も弱まってしまう”可能性もあるのです。
手作り化粧水なら材料費も安いので、多めに作っても気兼ねなくパシャパシャと使えます。化粧水はたっぷり使う事で、初めてお肌に作用するのです。

③自分の悩みや好みにあった化粧水をつくることができる

使用感は良いけど保湿力や香りがイマイチだったり、添加物が色々入っててお肌にどんな影響を与えるのか気になる。など、なかなか自分にしっくりくる化粧水と出会えない!という経験ありませんか?

“自分のお肌の悩みや好みにピッタリ合う化粧水”って、探すのが大変ですよね。

自分で混ぜて作るので、保湿具合を調整する事も可能ですし、余計な添加物も入っていません。「自分の好みやお肌のお悩みに合った化粧水を作れる」のは手作りならではのメリットなのです。

基本的な作り方

平子理沙さんもこちらの基本的な化粧水のレシピで作っていました。

・精製水:100ml
・尿素:小さじ1/2
・グリセリン:小さじ1

を混ぜるだけです。たったこれだけ!
とっても簡単ですよね。スプレーボトルなどに入れて使うと便利ですよ。

グリセリンとは、元々私たちの体内にもある保湿物質の事。そのため、“アレルギーも出にくい安全な物質”なのです。

そのままでも保湿効果はありますが、「尿素」を入れる事で、さらに保湿効果が高まります。

また、グリセリンの量を調整すれば、保湿具合も変えられます。夏場などでサッパリした方がいい時はグリセリンの量を少なめに、冬場などでしっとり保湿したい時は、量を多めにして下さい。

ちなみに平子さんは、100%植物性のピュアなグリセリンを使っているようです。普通のグリセリンを使った時と比べると保湿力が全然違うのだとか。もし見つけたら試してみて下さいね。

悩み別+α

基本の化粧水に+αをして、お肌のお悩みをケアしましょう!

アンチエイジングに!+アロマオイル

基本の化粧水にお好みで、アロマオイルを5~10滴程垂らしてみて下さい。そのままだと水に溶けにくいため、消毒用エタノールを小さじ1/2程入れるとなじみやすくなりいいでしょう。

ローズヒップオイル

潤いを与え、シミやシワはもちろん、くすみやたるみも改善します。

フランキンセンス

実は“若返りの精油”と言われている程、高い美容効果を持っています。シミやシワ・たるみに効きます。

ネロリ

他のアロマオイルと比べて少し高価ですが、お肌の細胞を再生させて、引き締める効果があります。

これらのアロマオイルは、癒し効果があるラベンダーや明るい気分にさせてくれるオレンジなどと混ぜてもオススメです。自分の好きな配合を試すのも楽しいですよね。

美白効果!+ビタミンC小1/2

イオン導入でおなじみのビタミンC誘導体を基本の化粧水にプラスする事で、“高い美白効果”が得られます。

実は、このビタミンC誘導体は「弱酸性に弱い」という特性があります。市販の化粧水は弱酸性が多いので、プラスしてもせっかくの美白効果がなくなってしまうのです。

しかし、手作り化粧水なら精製水で作るので中性。“ビタミンC誘導体の力が邪魔される事なく、発揮できる”のです。美白の効果を得るにはピッタリの組み合わせなのですね。

初めは配合する量を小1/2位から始め、お肌が慣れてきたら量を増やして下さい。ビタミンC誘導体の濃度を少し上げて、気になる部分にスポット使いする方法もオススメ!

脂性肌さんに!+エタノール

エタノールには収れん作用があるので毛穴をひきしめる効果があります。付け心地もサッパリするので、脂性肌さんにオススメです。エタノールを入れる事で、殺菌や消毒効果が発揮されるため、基本のレシピより、多少長く保存が出来ます。

注意事項

先ほども触れたように、手作り化粧水は、市販の化粧水のような保存料などの添加物が一切入っていないので使用期限がとても短く、長期保存が出来ません。

そのため、保存は冷蔵庫で「基本のレシピは1週間位」で、「エタノール入りは3週間位」で使い切るようにしてして下さい。

常温保存や長く放置する事で、菌が入ってしまったり質が変わってしまい、お肌のトラブルを招いてしまう事にも。

大量生産も避けたほうが無難です。
その都度、消費出来る量を作るようにして下さいね。

まとめ

手作り化粧水って、意外と簡単に作れますよね。自分に合った化粧水を探されている方やお肌に安心な化粧水を使いたい方などは、この機会に手作り化粧水デビューをされてみてはいかがでしょうか?

※本記事の情報は掲載当時の情報となります。
※本記事の口コミは個人の感想です。効果・効能を示すものではありません。

おすすめ保湿化粧品ランキング

商品 特徴
VoCE乾燥&化粧水ランキング1位!104万人が愛用するもちもち肌化粧品
詳細はコチラ
簡単ケア!66種類の美容成分配合のオールインワンゲル
詳細はコチラ
自ら潤うお肌へサポート!ハリや毛穴にもオススメ
詳細はコチラ
prBox_img
ワキとVライン+10か所が100円で脱毛できる!?夏に向けてつるすべ肌に!
6月限定のお得なキャンペーンをご紹介!

平子理沙も実践!自分にぴったりの化粧水を作って誰よりキレイになろう♡

この記事が気に入ったら 

編集部注目記事

夏の肌トラブルを解決!保湿もできてサッパリ使えるスキンケア化粧品7選!

日差しも強くなり、肌トラブルも多くなる夏。 毛穴にニキビ、紫外線…普段使っている化粧品だとカバーしきれない悩みも増えてき…

【口コミあり】年代別!おすすめ美白化粧水ランキング2017

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級…

【2018年度版】安全で効果高め!飲む日焼け止めサプリランキング!

紫外線はシミやシワの原因になるので、夏場はもちろん、通年を通して紫外線対策は欠かせませんよね。 でも、毎日日焼け止めを塗…