超簡単!手作りネイルオイルで自爪力UP

爪の乾燥対策の必須アイテム「ネイルオイル」。巷でも多くのネイルオイルが並んでいます。

ですが、「買ってはみたものの、いまいち効果が実感できない」「肌が弱くて使えずにいる」という方もいるでしょう。

そのような方におススメが「手作りのネイルオイル」。
手作りであれば、成分も香りも全て自分好みにアレンジ可能です。

今回は、ネイルオイルの材料や作り方についてご紹介します。

爪って何?

そもそも、爪って何でしょう?
爪は、髪と同じ皮膚のタンパク質が角質化して、「ケラチミン」という硬い繊維タンパク質に変化したものです。

しかし、爪は皮膚と違い“死んだ細胞”。呼吸もせず、汗もかきません。
つまり、爪は自己修正できない!
一度傷んだ爪は修復不可能。生え変わるまで待つ必要があります。
であれば、爪のケアがいかに大切かお分かりですよね?

ネイルオイルとは?

そこで、使用したいのが“ネイルオイル”。
ネイルオイルは「キューティクルオイル」とも呼ばれています。
浸透性が高く、今生えている爪はもちろん、これから生まれてくる爪の細胞にも浸透します。

ネイルオイルの手作りのメリットは?

お店に行けば、多くのネイルオイルが並んでいますが、手作りならではのメリットが沢山あります。

1.成分

100円ショップなどでも販売されているネイルオイルですが、多くの場合、お手ごろ価格のネイルオイルの原料は「ミネラルオイル」などの鉱物油が主成分として使われています。

鉱物油にも保湿効果はありますが、爪への負担を考えると断然「植物油」がおススメです。
手作りであれば、自分好みの植物油で作ることができます。

2.香り

市販のネイルオイルを買ってみたけど、「香りが気に入らない」「思ったより香りがしない」などの経験はありませんか?

手作りであれば、好きなアロマオイルをブレンドし、お好みの香りを作ることができます。

3.容器

せっかく作るのであれば、こだわりたい保存容器。

ネットなどでは、ネイル専用のカラフルでオシャレな保存容器が多く販売されており、見た目も好みのものを選ぶことができます。

ネイルオイルの作り方

自宅で簡単にできるネイルオイルの作り方をご紹介します。

用意するもの

植物油(スイートアーモンド油かホホバオイルがおススメ)
お好みの精油
計量用ビーカー
竹串など
保存容器

手順

1.ビーカーに植物油を10ml入れる
2.お好みの精油を1~2滴入れる(1滴約0.05ml)
3.竹串などでよく混ぜる
4.容器に移し替えて完成

おススメの精油

爪の乾燥や強化が期待できる、オススメの精油をご紹介します。

ゼラニウム

ローズの香りに似た香りのため「ローズゼラニウム」とも呼ばれます。
皮脂のバランスを調整する作用があり、肌に潤いを与える効果があります。

やや強い香りのため、香りがキツいと感じる場合には、ラベンダー、ベルガモット等とブレンドするといいでしょう。

ラベンダー

肌細胞成長を促進する作用があります。
ブレンドすることにより他の精油の作用が高まります。

サンダルウッド

お香の原料としても知られているサンダルウッド。
皮膚を柔らかくする作用があるため、爪の強化が期待されます。

他の香りとなじみやすい精油でのため、ブレンドしやすい特徴があります。

レモン

皮膚を柔らかくする作用があり、爪の強化に効果的です。

ただし、皮膚への刺激があるため、敏感肌の方は注意が必要です。
また、レモンには光毒性があるため、朝や日中の使用は控えましょう。

※光毒性とは?…精油に含まれた成分が、紫外線を浴びることで強い日焼けを起こしてしまう可能性があるということ。

ローズウッド

ローズと名の付くローズウッドですが、薔薇ではなく、アマゾン原産の樹木です。
バラのような香りがするため、「ローズウッド」という名前が付いています。
ローズウッドには、肌細胞を活性化する作用があります。

ネイルオイルの効果的な使い方

オイルの匂いに癒されながら、リラックスしてマッサージしましょう。

1.まず指を温めます。(入浴後がおススメです)
2.甘皮にオイルを塗布します。(五円玉の穴の大きさ程度の量)
3.少し塗り込み浸透したら、親指の腹で甘皮の上を2~3秒ずつ押します。
4.人差し指と親指で挟みながら、爪の根元から指先に向けて引っ張ります。

注意すべきこと

ネイルケアをする際に、甘皮処理をするという方も多いでしょう。
確かに、甘皮処理をするとネイルオイルの浸透率も高まります。

ですが、先ほどご紹介したように、甘皮の下には爪母細胞があります。甘皮の役目はこの爪母細胞を外部の刺激から守ることです。

甘皮の処理で、ガード役がなくなってしまうと生まれたばかりの柔らかい爪が外部の刺激に晒されてしまいます。それに加え、爪母細胞自体も傷ついてしまう恐れがあるのです。
甘皮処理をすると、浸透以外にも「爪の面積が広がり、マニキュアなどが映える」「マニキュアが長持ちする」など多くの利点もあります。

ですが、やり過ぎは禁物。多くても2週間に1回程度、清潔な手やケア用品で優しく行ってください。

おわりに

自分簡単に作ることができるネイルオイル。
余ったアロマオイルは他にも精油+精製水で香水にすることもできます。
(アロマオイル原液自体を直接お肌につけるのは推奨されていないのでやめましょう!)

また、ハンカチやティッシュに含ませて香りを楽しむのもオススメ。
お気に入りの香りを見つけて、好きな香りに包まれてみてはいかがでしょうか?

■参照
エッセンシャルオイル(精油)の基礎知識(Tea-treeの森)

おすすめファンデーションランキング

商品 特徴
シミ・シワ・毛穴すべてカバー!62%が美容液成分の高保湿ファンデ
詳細はコチラ
敏感肌でも使える!お肌に優しい100%ミネラルファンデ!
詳細はコチラ
1本でベースメイク完了!夕方までくすみ知らずのBBクリーム
詳細はコチラ
prBox_img
1日たった50円でスキンケア!66種類の美容成分で節約しながらお肌の悩みを解決
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

超簡単!手作りネイルオイルで自爪力UP

この記事が気に入ったら 

編集部注目記事

【口コミあり】年代別!おすすめ美白化粧水ランキング2017

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級…

つけたまま眠れるファンデーション6選!すっぴん風メイクに使える夜用ファンデは?

女子同士のお泊り会や、彼とのお泊りデート、会社の旅行……普段メイクした状態で会ってる人にすっぴんを見せなくてはいけない機…

乾燥肌にオススメの顔用保湿クリームランキング!高保湿成分配合の5選

頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではな…