肌の悩み

シミ、シワ、ニキビ…。思春期からはじまって適齢になればエイジングサインと、肌の悩みは尽きません。だからこそ、肌のコンディションを見極めて素早くケアしてあげることが大切です。あなたの悩みにこたえるために、とっておきの商品やケア方法をご紹介させていただきますね。
生理前になるときまってニキビができる、肌がべたつくなんて経験はありませんか? 中には乾燥や赤みなどの肌悩みを抱えている人もいるでしょう。 今回は多くの人が悩んでいる、生理前に起こる肌荒れついてまとめました。 肌荒れの原因
冬は夏と比べて陽射しが弱いから、紫外線対策はしなくてもいいや~という人もいるでしょう。 でも、もしあなたがスノーボードやスキーをするのであれば要注意! 冬の登山やゲレンデでのウィンタースポーツでは、日焼けよりも強く焼けて
肌の表面がべたつく反面、肌内部が乾燥しているインナードライ。 肌の老化を早め、さまざまな肌トラブルの原因となる肌質で多くの人が悩んでいると言われています。 インナードライは、肌の表面がべたついているため、保湿クリームは苦
睡眠中にしっかりと保湿できるナイトクリームって知っていますか? ナイトクリームはしっかりと保湿したい方や今のスキンケアが物足りない方にオススメです。 しかし、普通の保湿クリームとどう違うの?どのように使えばいいのという疑
なんだかメイクをしても顔色が優れない、顔の皮膚がゴワゴワと固そうに見えるというお悩みはありませんか? そんな時は、黄ぐすみのサインかもしれません。 気ぐすみはその名の通り、肌が黄色くくすんでしまう現象です。 黄色くくすん
インナードライ(脂性乾燥肌)、それは肌内部が乾燥しているために過剰反応として皮脂分泌が増え、肌の表面に皮脂が浮いている状態を指します。 肌の水分量が低いため、これ以上乾燥が進まないように、肌表面に皮脂の分泌を増やすことに
敏感肌の方は、ムダ毛処理にも人一倍気を使います。 多くのムダ毛処理は、敏感なお肌にダメージを与えてしまうからです。 丈夫な肌の人には気にならない刺激も、敏感肌では肌荒れの原因になってしまいます。 「普通の肌なら気を使わな
乾燥肌を1日で治したいとき、一番大切なポイントは、肌にやさしい洗顔と保湿です。 夜寝る前に、水分と油分を補給すると、さらに肌は潤います。 適切なスキンケアで、肌表面はしっとりと、落ちついた状態にできます。 化粧水、化粧液
敏感肌の人にとっては、メイクも一苦労ですよね。 メイクの際に刺激を感じたり、かぶれてしまったりするせいで、メイクをあきらめてしまう人も多いかと思います。 ですが、最近では敏感肌でも使える商品も増えてきています。 ここでお
Tゾーンはテカッているのに、他の部分は乾燥していたりするので、ファンデーションがすぐ崩れてしまう。 そんなあなたはインナードライ肌かもしれません。 確かに、インナードライ肌は厄介ですが、肌に合うファンデーションを選んで、
1 2 3 4 38

スポンサーリンク

Category

化粧品白書をフォロー