乾燥肌

乾燥肌とは、角質の水分量が低下し、皮膚のバリア機能が衰えて外部からの刺激が入りやすくなっている肌状態のことです。 乾燥肌になると、肌の水分量は30%以下に低下してしまいます。肌の表面がカサカサして、柔軟性も低くなり、白く粉をふいたり、かゆみを感じたりすることが特徴として挙げられます。 保湿重視の正しいスキンケアで肌を乾燥状態から守ることが大切です。乾燥による湿疹が発生すると専門医による治療が必要になります。
インナードライ(脂性乾燥肌)、それは肌内部が乾燥しているために過剰反応として皮脂分泌が増え、肌の表面に皮脂が浮いている状態を指します。 肌の水分量が低いため、これ以上乾燥が進まないように、肌表面に皮脂の分泌を増やすことに
乾燥肌を1日で治したいとき、一番大切なポイントは、肌にやさしい洗顔と保湿です。 夜寝る前に、水分と油分を補給すると、さらに肌は潤います。 適切なスキンケアで、肌表面はしっとりと、落ちついた状態にできます。 化粧水、化粧液
Tゾーンはテカッているのに、他の部分は乾燥していたりするので、ファンデーションがすぐ崩れてしまう。 そんなあなたはインナードライ肌かもしれません。 確かに、インナードライ肌は厄介ですが、肌に合うファンデーションを選んで、
肌悩みのなかで乾燥肌は、常に上位を占めています。 「肌に潤いが足りなくて、メイクがうまくのらない」 「粉を吹いたように白っぽいし、艶がなくてイヤ!」 女性の悩みになる乾燥肌は、いったいなにが原因なのでしょうか。 予防や対
「乾燥して全身がかゆい」 「粉を吹くほど肌が乾いている」 「肌がボロボロ、皮がむけて痛い」 乾燥がまねくさまざまな皮膚トラブルは、1年中おこります。 とくに、外気にさらされている顔は念入りにケアをしていても、体の乾燥肌対
シミやそばかすなどを、ポイントで隠すために使うのがコンシーラーです。 ファンデで隠そうとすると、厚塗りになって化粧崩れが起こりやすく、肌にも負担になってしまうため、オススメしません。 とはいえ、コンシーラーでも乾燥肌だと
肌のうるおいやハリを保つために、必要な天然保湿成分であり、注目を浴びているセラミド。 実は、クレンジングのときに減ってしまうこともあるんです。 セラミドが減ってしまうと、多くの女性の悩みでもある乾燥や肌のシミ、しわ、たる
「乾燥がひどくて、日焼け止めが使えない」 「日焼け止めを使うと、肌が乾燥してしまう」 という悩みを抱えている人は、多いようです。 紫外線対策のために、日焼け止めは必要ですが、日焼け止めで肌を痛めてしまっては、本末転倒です
乾燥肌対策は、スキンケアによる保湿だけではありません。 肌が乾燥するということは、体の内側も大きく影響しています。 食生活のバランスが乱れると、新陳代謝が低下しがちになるのです。 すると、肌に備わっている保湿成分が不足し
皮脂が多くていつも顔がテカっているとお悩みではありませんか? 「私って脂性肌なのよね…」 そう思って一生懸命に、脂性肌のためのスキンケアをしている人もいるでしょう。 ところが、あなたのそのテカリは、乾燥肌が原因かもしれな
1 2 3 4 8

スポンサーリンク

Category

化粧品白書をフォロー